新しいスタンダードになる予感がするフィジカル・モデリングのベース音源『MODOBASS』

公開日: : 最終更新日:2016/12/02 ソフトウェア音源 ,

スポンサーリンク  

 

新しいスタンダードになる予感がするフィジカル・モデリングのベース音源『MODOBASS』modobass_1

IK Multimediaの『MODOBASS』は、フィジカル・モデリングによるエレクトリック・ベース音源。

ざっくり

・聴ける音
・ベース実機のモデリングとしてはいまいち
・パラメータでの音色の変化が少ない
・パラメータは多いがわかりやすい
・CPU使用率はプラグイン最高クラスの高さ
・不具合が多い(1.0環境)

聴ける音

単音で鳴らした時の音も十分いいんですが、演奏させたときの「音楽として聴ける」感じがすごいです。フレーズをループさせてずっと聴いていても心地よい。

特徴的なのが、低域が柔らかくて充実していること。今までのサンプルでの音源だと、硬くて薄い感じがあったんですけど、MODOBASSは低域が柔らかくて太い。高音を鳴らした時にもこの傾向がきちんとあるので、音が細くない。

柔らかい音もわりと得意で、今までの音源では難しかったハイポジションでのメロウなフレーズもなかなかいけます。

とりいそぎ鳴らしたものです。

こちらは公式デモ。

MODOBASSは同音連続のフレーズもいい感じ。

ベース音源って、デモなどではファンク系だったりしますが、実際に一番使うのってルートでの同音連続フレーズなんですよね。

なので「 同音連続のフレーズをかっこよく鳴らせるかどうか」というのがベース音源を選ぶために最も重要視する部分だと思います。

こちらはNative InstrumentsのScarbee Jay-Bassを16分音符で演奏した波形です。

modobass_2

どうでしょうか。1つ1つ波形が並んでいるのがわかりますね。これが打ち込みベースのぎこちなさの原因の一つ。

そしてこちらがMODOBASSで演奏した同じフレーズです。

modobass_3

全く違いますよね。おそらく生ベースのものと見分けがつかないと思います。

収録したものを鳴らす音源と違い、MODOBASSは1音ごとに違う音がリアルタイムで生成されるようです。

音の暴れ具合もちょうどいいです。音源って、ちょっと暴れているものを加工して抑えるほうが生っぽくなるんですよね。

また、サンプルの音源ってほとんどの場合、指の引っ掛けかたが深い。なので、速いオルタネイトだと不自然になってしまう。MODOBASSは指でのタッチをソフトにできるので、速いフレーズも自然です。

ベース実機のモデリングとしてはいまいち

各ベースそれぞれの傾向はとらえているんですが、突き抜けてない感じはあります。ブラインドテストをやったらわからないかもしれない。

しかし、出音はとてもよいので、ベースの実機というよりは、別の楽器としてとらえると幸せになれると思います。

また、それに加え、パラメータをいじったときの音色の変化が少ないです。ピックと指弾きの違いや、弾くポジションの違いなど。よく言うと、音づくりで破堤した音になりづらい。

スライドの自由度が高い

ピッチベンドでのスライドと、サステインペダルでのスライドがあり、同じ弦上ならどの音からどの音にでも自由にスライドできます。

サンプルだと全部を収録したり、長さを変えたりするのは不可能なので、フィジカル・モデリングの利点ですね。

ピッチベンドでのスライドはレンジが大きいと不自然なので短いところだけにしておいて、フィルのような、長いスライドはサステインペダルでのスライドでやるといい感じ。

サステインペダルでのスライドは、ベロシティで長さを調節できます。

自由度は高いですが、かっこいいスライドにするにはタイミングなど、ちょっとコツが必要ですけどね。

いじれるパラメーター一覧

数字はパラメータを選択できる数です。例えば、ピックの硬さは普通とハードの2つ、のような。

・ベースの種類(12)
・右手の位置
・右指の使い方(3)
・ミュートの量
・タッチの強さ(3)
・ピックの硬さ(2)
・左手の運指の基準(3)
・解放弦の選択
・指を離した時のノイズ量
・スライドのノイズ量
・4弦、4弦ドロップD、5弦の選択
・弦高(3)
・フラットワウンド、ラウンドワウンドの選択
・弦の太さ(3)
・弦の古さ(3)
・ピックアップ(20)
・ピックアップの位置
・アクティブ、パッシブの選択
・スライドのレンジ
・ビブラートの速さ
・アンプ(2)
・アンプとD.I.のブレンド量

サンプリングだと不可能に近いパラメーターまで変更できるのが大きな特徴。

例えば、すこしミュートをして、フラットワウンドの古い弦でパッシブピックアップ、人差し指だけでブリッジ付近を強く弾く、というジェームス・ジェマーソンのような音づくりにも追い込めます。

パラメーター自体は多いのに効きが悪いので、かなり極端なセッティングにしたほうが面白くなりそう。

ベースを弾いてないとピンとこないパラメーターも多いかもしれませんが、絞られててわかりやすい印象。

なんというか、「マニア」になりすぎていない。いい意味でざっくりしています。つまみやアイコンが大きいのも好感です。

モデリングされているベースは12種類。Yamaha® TRB5PやIbanez® Soundgearが入っているのが面白い。

modobass_4

中央左の文字で一通りのセッティングを確認できます。便利。

弾き方はこんな感じ。

modobass_5

スラップは特にプルがいまいちですね。アタック感、迫力、派手さがない。R&Bでたまに差し込む感じのスラップ、という感じ。

弦の高さ、太さ、古さなどを変更できるのはこの音源のユニークなところ。ざっくりですが。

modobass_6

5弦があるのはうれしい。

ピックアップの種類や位置。特にこだわりがなければいじらなくてもいい部分ですね。

modobass_7

ただ、ベーシストだったらいじってみたい部分でしょう。実機だと簡単には聴き比べできませんからね。

アンプ関係はシンプルです。真空管アンプと1×15キャビネットの組み合わせ、ソリッド・ステート・アンプと4×10キャビネットの組み合わせのみ。

modobass_8

もっとこだわりたければAmplitubeを買え、ってことでしょうね。アンプとD.I.のブレンド量も変えられます。

エフェクターセクション。

modobass_9

・コンプレッサー
・ディストーション
・オクターバー
・コーラス
・ディレイ
・エンベロープフィルター
・グラフィックイコライザー

の7つ。コンプはリダクションが見えるのが嬉しい。

エフェクターのカラーは黒一色なので、カラフルなほうが楽しかったなあと思うんですが、色がついていると特定のものを思い浮かべてしまって、耳にバイアスがかかってしまう、というのを避けているのかもしれません。考えすぎかな。

やはりアンプやエフェクターの音はいいですね。おまけレベルじゃない。さすがIK。

MIDI CCの割り当ても簡単に変更できます。

modobass_10

ビブラートも自然で心地いい。

CPU使用率は高い

僕の環境では10%超です。ソフト音源としては最高クラスの重さ。

SlateDigital FG-Xと同じくらい。Waves L316よりも高い。Spectrasonics Omnisphereの2倍くらい。

ただし、サンプルライブラリがないので、容量は全部で200MBもないです。

Spectrasonics Trilianと比較するときには、容量とCPU使用率の違いが

不具合 (1.0環境)

Twitter上で目にした不具合です。

・書き出しがうまくいかない
・Lからしか鳴らない
・SONARで立ち上げたときに落ちる
・ピッチが上がる
・ノイズが乗る

僕も書き出しで無音になるという致命的な不具合があるので、一旦DAW内にリアルタイムレコーディングして書き出しています。

多いですが、すぐ修正がくるとは思います。

おわりに

いやー、ものーすごくよいです。

今までベースだけは、打ち込みだと固いので自分で演奏していたんですが、これからはほとんど打ち込みになりそうです。

■MODOBASS | IK Multimedia

 
スポンサーリンク  

関連記事

7175764081_805983c8d2_n

【ソフト音源】使い勝手がすんごくいい総合オーケストラ音源 ProjectSAM Orchestral Essentials 徹底レビュー【デモあり】

この前のセミナーを見てProjectSAMのOrchestral Essentialsが欲しくなった

記事を読む

Leeds Town Hall Organ_sam

低音が心地いい。最高の無料パイプオルガン音源「Leeds Town Hall Organ」レビュー

今回はSamplephonicsの無料パイプオルガン音源「Leeds Town Hall Org

記事を読む

w-harpsichord_sam

ドライで使いやすいハープシコード(チェンバロ)音源「W-Harpsichord」とおまけ

Wavesfactoryのハープシコード(チェンバロ)音源「W-Harpsichord」がめちゃめち

記事を読む

Chris Hein sam

最高峰の機能、奏法のバリエーションを持つソロ・バイオリン音源『Chris Hein – Solo Violin』のレビュー

最強のソロ・ヴァイオリン音源を探しています。こおろぎです。 2016年4月に発売された

記事を読む

disc_case (1)

DTMにおける「違法コピーソフト」を使ったことがある人は17%というアンケート結果に

DTMにおける「違法コピーソフト」もしくは「割れ物」、「クラック」について、 なぜか突然思

記事を読む


  • フリーランス3年目の作・編曲家。映像やアプリのBGMを作ったり、編曲したり、ワインを飲んだりニコニコ動画で遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑