華やかでクリアなオケ系金管音源East West『Hollywood Brass Diamond』レビュー

スポンサーリンク  

 

華やかでクリアなオケ系金管音源East West『Hollywood Brass Diamond』レビューHollywood Brass

今回はEast Westの『Hollywood Brass Diamond』(ハリウッド ブラス ダイアモンド)について。

ざっくり

・華やかでクリアな音
・表現力が高い
・読み込みが遅い
・音が伸びっぱなしになるバグ

音質的にはとってもよいです。あまり暗くなく、わりとドライめに鳴るので、日本的な曲にもよく合うと思います。

ただ、kontaktでなく、Playという一部界隈に不評なソフトで動作するんですが、そのせいかソフト自体の不具合が多いです。

インターフェイスはこんな感じ。普通に使う場合はそんなにいじることはないですね。

Hollywood Brass2

クリアで表現力が高い

音質は華やかでクリア。メロディラインが見えやすいです。かつ、弱く薄い音から力強く前に出る音まで、表現力が高い。

ProjectSAMの『ORCHSTRAL BRASS CLASSIC』も持っているんですが、Hollywood Brassのほうがきらびやかさや力強さ、抜け感があります。

逆に、あまり汚い音にはならないので、暗い雰囲気や邪悪なトラックを作るのは工夫が必要です。

めっちゃ速いスタッカートは辛いです。ジョン・ウィリアムズがよく使う3連みたいなやつとか。

曲に使うとこんな感じ。1:06からメロディにホルンを使ってます。

これだけじゃなくて、最近のオケ系金管はほぼこれを使ってます。

後述するように、使い勝手がかなり悪いんですが、音がめっちゃいいので使ってしまうんですよね。

読み込みが遅い

1つの音色を読み込むだけでこのスピード。30秒近くかかります。

Hollywood Brass

音色を読み込むまでまともに音が鳴らないので、頻繁に立ちあげるプロジェクトだと鬱になります。

SSDだとかなり改善するみたいですが。

音が伸びっぱなしになる

あまり話題には上がらないので僕だけかもしれませんが、どの音色でも音が伸びっぱなしになる現象が頻繁に発生します。

なので、常にサステインoffのデータを送り続ける必要があります。これもまためんどくさい。

Silver、Gold、Diamondの違い

・Silverは奏法がかなり少なく、マイクポジションも1つ。
・Goldは奏法がすべて入っていて、マイクポジションは1つ。
・Diamondはすべての奏法と、5つのマイクポジション。

軽く使うだけならSilverで十分だと思います。

Gold、Diamondかなりパッチが多く、把握して使いこなすのは結構大変ですね。

また、Diamondだとマイクが増えますが、メインの音がよいし、クローズマイクも狙いとは違う音だったり、メモリも使用してしまったりで、結局ほとんど使ってないです。

僕の使い方だとほぼSilverで収まります。

おわりに

Hollywoodシリーズはこのブラスしか持ってないんですが、使い勝手が悪いのでEastwestの他の音源も買う気になれないんですよね。

月額で音源が使えたりと、画期的なことをしているんですけど。すごくもったいないなと思います。

【ソフト音源】シネマティックで重厚なブラス ProjectSAM ORCHSTRAL BRASS CLASSIC のレビューと全音色解説やるよ その1【デモあり】

 
スポンサーリンク  

関連記事

Cubase_8_sam

Cubaseを導入して最初にやっておきたい4つの設定

アップデートに伴い、Cubase Pro 8を導入しました。2年ほど前にCubase5.5か

記事を読む

disc_case (1)

DTMにおける「違法コピーソフト」を使ったことがある人は17%というアンケート結果に

DTMにおける「違法コピーソフト」もしくは「割れ物」、「クラック」について、 なぜか突然思

記事を読む

Studio One Artist_sam

【Artist編】Studio One 2.6付属 サウンド・セット レビュー (デモあり)

音源やWAV、MIDIループなど、StudioOne 2.6 現在の付属のサウンド・セットの

記事を読む

kotosam

伝統的な演奏から現代的アプローチまで対応する箏(琴)、低音琴、三味線の和楽器ライブラリ 『Koto Nation』レビュー

今回は箏(琴)、低音琴、三味線、3つの音色が入っているKONTAKT用ソフトウェア音源、IM

記事を読む

Strum_Electric_logosam

DTMerでもコードを弾いてる感じが出せるギター音源 Strum Electric GS-1 レビュー【デモあり】

フィジカル・モデリング方式のギター音源AAS Strum Electric GS-1を買いました。

記事を読む


  • フリーランス3年目の作・編曲家。映像やアプリのBGMを作ったり、編曲したり、ワインを飲んだりニコニコ動画で遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑