無ろ過の酵母菌が甘みを食べ尽くした『生ワイン』をいただきました。

公開日: : 家呑みワイン

スポンサーリンク  

 

無ろ過の酵母菌が甘みを食べ尽くした『生ワイン』をいただきました。勝沼生まれの無ろ過 生ワイン 赤

『生ワイン』なるものをいただきました。最近人気らしいです。

生ワインとは?

通常ワインをびん詰めする際、ワインの中に残留している酵母菌をフィルターなどで濾過するかパスチャライズ(低温殺菌もしくは火入れ)をします。
そのままにしておくとワインに残った元気な酵母菌が糖分を食べ尽くし、スパークリングワインになってしまうからです。

生ワインはそうした処理をしていません。だからフレッシュな味わいだけでなく濁りや澱(おり)・身体にやさしい酵素や微炭酸も含んでいます。さらに酵母が生きているので、びん内で二次発酵を続けます。

– 井筒生ワイン

というわけで酵母菌をろ過しないワインのようです。

ドン!( 勝沼生まれの無ろ過 生ワイン 赤 )

勝沼生まれの無ろ過 生ワイン 赤

文字が所狭しと書いてあります。

山梨県産ベリーAと山梨、長野県産のメルローを混ぜているようです。

マスカットベリーAは日本の代表的な品種ですね。

蓋は厳重。

勝沼生まれの無ろ過 生ワイン 赤

一度開けても閉めやすい親切仕様。

色はちょっと薄め、というか濁っている感じ。

勝沼生まれの無ろ過 生ワイン 赤
濃いベリーの香り。

辛口

「生ワイン」という事で、柔らかく甘めのものを想像していましたが、意外にもそんなことは全くなく、渋みはあまりなく、甘みもなく、ドライで辛口な、硬派な味わい。

生ワインにあるとされる発泡感は感じませんでした。

渋みがないので温度が低めでも悪くないのですが、香りを感じるため、高めで飲んだほうがよさそうです。

澱が結構多いです。これが無濾過のしるしですね。

勝沼生まれの無ろ過 生ワイン 赤

甘みも渋みもないという、わりと特殊な味なので、通の人におすすめです。

あとドライなのでおつまみ必須です。

勝沼生まれの無ろ過 生ワイン 赤

 
スポンサーリンク  

関連記事

余韻が長くポテンシャルのある赤ワイン『クリスチャン・ムエックス』

J.P.ムエックス・ボルドー・シューペリュール 2005年・クリスチャン・ムエックス(J.P.Mou

記事を読む

no image

ザ・タパス・ワイン・コレクション テンプラニーリョ 2010 (The Tapas Wine Collection) 飲んだ

弟からもらったよ!スペインの赤。テンプラニーニョ。 白いチョークで書いた感じのラベル。

記事を読む

コノスル ヴァラエタル シラー 2011(Cono Sur Varietal Syrah 2011) 飲んだ

単一品種のワインを楽しめるコノスルのヴァラエタルシリーズから、シラーを選んでみました。チリのシラーっ

記事を読む

手土産によさそう。ロミオとジュリエットの楽譜がプリントされた白ワイン「ダリラ」

手土産は話のタネになるものがいいのではないか。 というわけで楽譜がプリントされた白ワイン、「ダ

記事を読む

【ワイン】ツェラー・シュワルツ・カッツ・ゼクト (Gustav Adolf Schmitt Zeller Schwarze Katz Sekt b.A. )【再掲】

グスタフ・アドルフ・シュミット ツェラー・シュワルツ・カッツ ゼクト・トロッケン(Gustav Ad

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑