パンクな雰囲気を醸し出す無料のアコースティックドラム・サンプルライブラリ「Shino Drums」レビュー【デモあり】

公開日: : 最終更新日:2015/02/05 ソフトウェア音源 , ,

スポンサーリンク  

 

パンクな雰囲気を醸し出す無料のアコースティックドラム・サンプルライブラリ「Shino Drums」レビュー【デモあり】Drums

フリーの音屋・同人音楽家 しの / 篠原 瑞希さん(@shino8820が作ったフリーのドラムライブラリ「Shino Drums」を使ってみました。

ざっくり

・パンクな雰囲気
・味で押し切ろう

作ってみました。あえてタイトな感じにしたんですが、なかなかいけた。デフォルトでかかってるエフェクトを全部オフにして音作りしてみました。

公式デモ。基本はロックですね。

各パーツの音量とか質感とか揃ってなくて、なかなかパンクな雰囲気です。最近の音源ってキレイに整ってるものが多いので、揃ってない感じの雰囲気を出すときによさそう。

スネアは結構クセがあって、500Hzと200Hzくらいにピークがあるので、そこをがっつりカットするとよいです。

余韻も長いですね。響き線の音もでかいです。エンベローブが標準でついてるので、そこでなんとかしましょう。

 

僕のデモにも入ってる「Hoo」っていう音があるんですが、あれクイーカかと思ったら作者、しのさんの声みたいです。なるほど。

 
対応フォーマットが多く、容量が90.8MBと、ハードディスクにやさしいShino Drumsのダウンロードはこちらから。

◆日の当たる場所 – Shino Drums

余談ですが僕EDIROL SC-8820 持ってました。懐かしい…

 
スポンサーリンク  

関連記事

【Artist編】Studio One 2.6付属 サウンド・セット レビュー (デモあり)

音源やWAV、MIDIループなど、StudioOne 2.6 現在の付属のサウンド・セットの

記事を読む

進化しすぎたOmnisphere 2の検索機能で未知の音を発見できそう

Omnisphere 2の検索機能すごすぎませんか。ありとあらゆる方法で検索できるようになっ

記事を読む

自然な和太鼓音源『Japanese Taiko Percussion』レビュー

和太鼓音源、SONICA INSTRUMENTSの『Japanese Taiko Percuss

記事を読む

「野生のボカロ」歌声合成ソフトUTAUとは。ざっくりわかる基本から導入まで。

このブログでもたびたびUTAUに触れているのですが、全く知らないよーって方のために、ここで一

記事を読む

ナチュラルを極めたエレピ音源。ウーリッツァー『Wurly Premier』とローズピアノ『SUITCASE Premier』

今回はPREMIER SOUND FACTORYのエレピ、ウーリッツァーの『Wurly Premie

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑