【ソフト音源】リアルなブラスセクション音源 Chris Hein Horns Vol. 2.0(クリスハイン・ホーンズ) レビュー【デモあり】

公開日: : 最終更新日:2016/04/16 ソフトウェア音源 ,

スポンサーリンク  

 

【ソフト音源】リアルなブラスセクション音源 Chris Hein Horns Vol. 2.0(クリスハイン・ホーンズ) レビュー【デモあり】ブラスセクションの音源はChris Hein Horns Vol.2.0(クリスハイン・ホーンズ) をしばらく使ってます。ブラスの使用頻度が高くないせいもありますが、元気な曲から大人しめな曲まで対応出来て、ずっとこれでいいかなと思える位のクオリティです。

先日アップグレードされたProが出ました。値段は大体同じです。

Chris Hein Horns – Pro | Chris Hein& Wizardshop

先日アレンジした「魔界探偵社」でも使いました。トランペット、テナートロンボーン、サックスの編成です。

ミディアムテンポ。こちらもトランペット、テナートロンボーン、サックスの編成で、中盤あたりからブラスが入ってきます。

では感想をつらつら

・キースイッチが便利
・セクションは全て左右にパンが振ってある
・レガート音色にするとアタック感がなくなるので不自然になるときがある
・トロンボーンがオクターブ下で使いづらい
・サックスの音量が大きい気がする

キースイッチが便利

キースイッチで変えられる音色のバリエーションが多いので使い倒してます。

特に2種類のフォール。ピャーンってやつですね。・・・・伝わる気がしない。この音色はアタック感があるので短く切ってスタッカートにも使います。(魔界探偵社 ロング 0:22〜 ショート 0:53〜)

次に2種類のクレッシェンド。長さが決まってるので実は使うのが難しいんですけど、波形編集で短くして頑張ります。あと、中間部分の音量が小さいのでオートメーション書いたりします。そこまで手間をかけてもいいくらいいい感じの音色なのです。(0:41〜)

グリスアップやシェイクも割と使いますね。アクセントに面白いす。(グリスアップ1:11〜 シェイク1:18〜)

普通の音色もレガートするので、遅いフレーズが滑らかに繋がって良い感じ。ゆったりとした曲はお尻をオートメーションでクレッシェンド気味にすると表情が出ていいですね。

セクションは全て左右にパンが振ってある

僕はほとんどの場合左右にパンを振るので、これすごく助かります。同じ音源を左右にダブリングしたのとは違う、リアルな人数感がたまらんとです。狭めるのは簡単だしね。

レガート音色にするとアタック感がなくなるので不自然になるときがある

上にもちょっと書いたんですが、レガート音色にするとアタック感が無くて、速いフレーズやスタッカートぎみにしたい時に合わない事があるので、フォールの音を短く使うといい感じです。

あんまり固定観念を持たずに合う音色を選ぶのがポイントかなと思います。

トロンボーンが記譜のオクターブ下で使いづらい

これ結構困ります。例えば、トランペットとトロンボーンをオクターブユニゾンで鳴らしたい場合、スコア(ピアノロール)上は同じ音で打ち込むわけです。それならまだいいんですけど、トランペットの6度下でトロンボーンを鳴らしたい場合はスコア(ピアノロール)ではトランペットより上になってしまうんです。位置関係把握しづらい・・・

なので、トロンボーンの音色は12半音上に上げて、記譜の音と同じにして使ってます。ここで設定いじる。

サックスの音量が大きい気がする

トランペット、トロンボーン、サックスで同じボリュームの場合、サックスの音量が大きい気がします。元々楽器的にそうなんでしょうか。僕にはわからない。まあボリューム調節すればいい話ですけどね。

 

というわけでなんだかんだ文句ばっかりになってしまいましたけど、これ好きです。ほんとですw 音色がかなりいいのでその他に目をつぶれる感じです← 特にポップ、ジャズ系で使うのがオススメですね。

これ自体は廃盤になっておりまして、CHRIS HEIN HORNS COMPACTの方に全部収録されてるみたいです。お得感すごい。

アップグレードされたProの方を買うのもよいかもです。

Chris Hein Horns – Pro | Chris Hein& Wizardshop

クリプトン製品ページ

クリプトン | CHRIS HEIN HORNS COMPACT(音楽ソフトウエア)

 

あとChrisHeinHornsのタグ作りましたので、ここからこの製品を使った曲のブログを見れます。

ちなみに、Chris Hein – Horns Vol. 1.5もセットで購入したんですが、ブラスのソロ音色って使わないんですよね・・・打ち込み難しいので←

 

ブラスのおすすめ関連記事

【スコア】ポップス歌モノ系ブラスの勉強には絢香×コブクロのWINDING ROADがオススメ

【教則本】「ブラス&ストリングスアレンジ自由自在」のレビュー

【教則本】実用ジャズアレンジメント レビュー

 
スポンサーリンク  

関連記事

低音が心地いい。最高の無料パイプオルガン音源「Leeds Town Hall Organ」レビュー

今回はSamplephonicsの無料パイプオルガン音源「Leeds Town Hall Org

記事を読む

モダンでソリッドで効果音も使えすぎるソフト音源『Omnisphere 』レビュー

”ディープなシンセシス能力を備えた現在考えうる限り最も強力なシンセサイザー” SPECTRASON

記事を読む

音質も機能も最強。ナイロンギター音源『NYLON GUITAR』と『NYLON STRUM』レビュー

Ilya Efimov Productionのナイロンギター音源『NYLON GUI

記事を読む

最高峰の機能、奏法のバリエーションを持つソロ・バイオリン音源『Chris Hein – Solo Violin』のレビュー

最強のソロ・ヴァイオリン音源を探しています。こおろぎです。 2016年4月に発売された

記事を読む

自然なバグパイプ音源「W-Bagpipes」のレビュー

今回はWavesfactryのバグパイプ音源「W-Bagpipes」のレビュー。KONT

記事を読む

Comment

  1. えんどうかなみ より:

    初めまして。
    興味がある音源についてgoogleで調べるとほぼ必ず「こおろぎさんち」内のページにつながりますww
    なのでいつも参考にさせていただいています!ありがとうございます。
    すみません・・・本記事とは直接関係がないのですが、載せられている動画「魔界探偵社」の0:23辺りの、Aメロが始まる直前?のフィルインはどのようにお作りになっているのですか・・・??

    自分で試したところ、シンセのノイズジェネレータにバンドパスフィルタをかけ、その周波数をあげると「ヒュオォォォォ」っていう音だけはなんとなくそんな感じになるのですが、何かイマイチ物足りないのできっとほかの方法があると思います・・・!こおろぎさんの音源の、だんだん手前に迫ってくるような感じがすごいです。

    そして同時に後ろでチャカチャカなっているのはドラムループですか??また、さっきのノイズシンセもこのループ?と同じようにリズムを刻んでいるように聞こえるのですが・・・どのように設定するとノイズがリズムを刻んで聞こえるのでしょうか。。。すみません。教えてください!笑

    • kohrogi より:

      えんどうかなみさん

      コメントありがとうございます!

      Aメロが始まる直前のフィルはサンプルなので僕が作ったものじゃないです。すいませんw

      基本フィルター開閉とオートパンさせたノイズだとは思います。

      リズムを刻む所は、例えばCubase付属の「StepFilter」のようなリズムとシンクさせて刻めるフィルターでいけるかなーと。

      憶測ですがw

      後ろでチャカチャカなっているのはドラムンベースのループですね。結構EQで削ってます。


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑