ドライで元気な、ポップ・ジャズ系ホーンセクション音源『Chris Hein Horns Pro Complete』レビュー

公開日: : 最終更新日:2017/08/02 ソフトウェア音源 , ,

スポンサーリンク  

 

ドライで元気な、ポップ・ジャズ系ホーンセクション音源『Chris Hein Horns Pro Complete』レビュー

今回はホーンセクション音源『Chris Hein Horns Pro Complete』(クリスハイン・ホーンズ・プロ・コンプリート)について。アップデート前から10年くらい使っています。

Chris Hein Horn Vol.1、2、3、4と、Compactがセットになったものです。

ざっくり

・ドライで元気な音
・ビブラートが機械的
・単品で買うならVol.2。Vol.1はおすすめしない。
・ロングノートの表情がない
・同音連打が弱い
・奏法が多い
・パラメーターが追い込める

クセがあるので、追い込んで使っていくタイプの音源です。

音は若干粗めで元気。それが生っぽく、かなり気に入っています。

ポップ、ビッグバンドのアレンジをするときにはなかなかハマってくれます。

パンッ、としたアタック感があり、テンポの早い曲向きですね。逆に、伸ばした時の表情付けが難しいです。

■ポップなバンドアレンジ

■ビッグバンドアレンジ

ビッグバンドのような、ホーンだけのアンサンブルだとあまりよくないですね。木管やストリングスと混ぜたほうが自然に鳴ります。

基本となるサステイン音色は、驚くほどに棒で、表情が全くありません。

なので、細かい表情付けが必須で、打ち込みに手間がかかってしまうのが若干難点です。

あと、ビブラートが機械的でほとんど使える音ではないので、ソロのロングトーンを聴かせるのは苦しいです。

トロンボーンのピッチが悪い、というか、不安定な感じがするので、セクションやソロで聴かせるのがつらい時があります。

奏法は充実していて、サステイン、レガート、スタッカート、クレッシェンド、シェイク、フォール、ランアップ・ダウン、しゃくり上げ、フラッター等が収録されています。

レガートはなかなかつながりがよく、自然です。フォールは2種類あり、かなり使い勝手がよいです。

スタッカートの同音連打は不自然になりがちなので避けたほうが無難です。

収録楽器

Vol.1 各ソロ
Vol.2 金管、木管セクション、ソロ
Vol.3 ミュートセクション、ソロ
Vol.4 追加楽器

最も使用頻度が高いのが、セクションとソロが一通り入っているVol.2です。セクションもAB、CDでディヴィジしてあり、人数感を手軽にコントロールできます。

Vol.2のソロは「トランペットA、B、C、D」のようにすべてのパートがソロで収録されているので、こだわりたいときは全部わけて打ち込むのもよいですね。

逆に、Vol.1は最も使いません。ソロの音もVol.2に入っている音のほうがよいからです。

■Vol.2に入っているソロで作った曲

Vol.3 はストレート、ハーマン、カップが収録されています。

Vol.4は各クラリネット、バスサックス、フリューゲルホーン、テューバ、チンバッソ、アルプホーン等が収録。

クラリネット、フルートも入っていますが、音が固く、あまりよくはないです。
奏法は多いですが。

コルネットが入っていないのがおしい。

Chris Hein Horns Compactも収録されていますが、機能が少なすぎるので、こちらもおすすめしません。

音色によってオクターブが違っていたりするので、そこは他の音源と違いますね。ただ、そのおかげでキースイッチは常に一定の位置なので、フレーズをコピペしやすいです。

パラメーターが追い込める

キースイッチごとに細かくパラメータが設定できたり、エフェクトがついていたりと、気持ちわるいくらい追い込めます。

僕はクレッシェンドのスピード(Time)をよくいじっています。

使いこなしのコツ

覚えておきたいこの2つ。

✔Velo X fade を使う

ロングトーンを普通に伸ばすと全く表情がなので、Velocityは「Velo X fade」を使い、常にエクスプレッションで曲に合ったダイナミクスを操作します。

✔キースイッチを使い倒す

スタッカートを打ち込みたいとき、短く切ったフォールやクレッシェンドを使ったほうが合う場面があったりします。音色名にこだわらない。

同音連打の不自然さも音色を切り替えることで回避できたりします。

おわりに

悪いところも結構多いですが、基本的には好きな音源です。でももうちょっと直ると嬉しい。

そういえば、「トロンボーンのピッチが悪い~」ってずっと言ってたんですが、マイクロチューニングがかかっていました…それでも若干わるいんですが。

リンク

■クリスハイン・ホーンズ・プロ・コンプリート | クリプトン

■Chris Hein Horns Pro Complete

 
スポンサーリンク  

関連記事

パラデータで配布している無料の生ドラムループ集「J3T Drum Tracks」を音作りの参考にしてみる

「ProducerSpot」から無償で配布されているドラム・ループ集「J3T Drum Trac

記事を読む

オーケストラ木管音源 VIENNA VI WOODWINDS 1 / STANDARD レビュー

愛用してます。 VIENNA INSTRUMENTS VI WOODWINDS 1 / STA

記事を読む

ドライでポップ系にも使いやすいストリングス音源『LA SCORING STRINGS2.5 』 のレビュー

今回はストリングス音源『LA SCORING STRINGS2.5 』 のレビュー。

記事を読む

口笛音源『Whistler』と『The Little Whistler』を同時レビュー【デモあり】

口笛が吹けません。こおろぎ(@kohrogi34 )です。 今回は口笛音源を贅沢にも2

記事を読む

質感のよい民族楽器の総合音源「MOTU Ethno2」

実はこの音源しょちゅう使います。 基本的にはインスト曲で使うような音が多いんですが、歌

記事を読む

Comment

  1. えんどうかなみ より:

    初めまして。
    興味がある音源についてgoogleで調べるとほぼ必ず「こおろぎさんち」内のページにつながりますww
    なのでいつも参考にさせていただいています!ありがとうございます。
    すみません・・・本記事とは直接関係がないのですが、載せられている動画「魔界探偵社」の0:23辺りの、Aメロが始まる直前?のフィルインはどのようにお作りになっているのですか・・・??

    自分で試したところ、シンセのノイズジェネレータにバンドパスフィルタをかけ、その周波数をあげると「ヒュオォォォォ」っていう音だけはなんとなくそんな感じになるのですが、何かイマイチ物足りないのできっとほかの方法があると思います・・・!こおろぎさんの音源の、だんだん手前に迫ってくるような感じがすごいです。

    そして同時に後ろでチャカチャカなっているのはドラムループですか??また、さっきのノイズシンセもこのループ?と同じようにリズムを刻んでいるように聞こえるのですが・・・どのように設定するとノイズがリズムを刻んで聞こえるのでしょうか。。。すみません。教えてください!笑

    • kohrogi より:

      えんどうかなみさん

      コメントありがとうございます!

      Aメロが始まる直前のフィルはサンプルなので僕が作ったものじゃないです。すいませんw

      基本フィルター開閉とオートパンさせたノイズだとは思います。

      リズムを刻む所は、例えばCubase付属の「StepFilter」のようなリズムとシンクさせて刻めるフィルターでいけるかなーと。

      憶測ですがw

      後ろでチャカチャカなっているのはドラムンベースのループですね。結構EQで削ってます。


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑