フレットレスのウクレレベース『Keypilina UKB-500FL』のレビュー

楽器・ハードウエア

フレットレスのウクレレベース
『Keypilina UKB-500FL F-Hole Black』を買いました。

ざっくり

・ちょっとだけウッドベース感がある
・音量が小さい
・プリアンプはノイズが多い
・チューニングはエレキベースと同じ
・弦が独特

なんでウクレレベースを買ったのかというと、

ウッドベースのようなアコースティックなベースサウンドが欲しいなと思ってたんですけど、ウッドベースはでっかいし、高いし、サウンドとしてもゴツすぎる気がするなと思っていて、

そうやって悩んでた時に、たまたまウクレレベースというものを見つけたんですよね。これはコンパクトなサウンドが出そうでよさそうだなと。

よりウッドベースにニュアンスを近づけるためにフレットレスにしました。

音量が小さい

まず音量が小さい。

マイクでの収録は大変そう。ラインアウトがついてるのでブレンドして使う感じになるかも。でも、ラインはノイズが多い。

あと、サステインも短く感じます。バラードみたいなゆったりした楽曲にはちょっとしんどいかも。

サイズ

まずサイズはかなり小さい。ほんとにウクレレサイズ。

スティングレイのフレットレスベースがあるんですけど、指板の長さが倍くらい違います。

プラスチック弦

エレキベースと同じチューニングの「E、A、D、G」。

この短い指板で同じチューニングだと何が起こるのかというと、弦のテンションがダラダラになります。

それでむちゃくちゃ弾きにくい。

弦の素材自体もプラスチック素材で指が滑りにくい。

ベビーパウダーをつけるといい、という意見があって、ちょうどあったんで試してみたんですけど、見た目がめちゃくちゃ汚くなっちゃうので使いたくないなと。

普通のギター用の潤滑剤でいいんじゃないかなと思ったんですけど、全然効果がなくて、滑らないですね。

調べたら、KALAの弦がいいということで、変えてみることにしました。

KALA ベース弦セット ウクレレベース ワウンドタイプ KA-BASS4 U-BASS

聴き比べ!音量以外はなるべく素のまま書き出しました。

・元の弦 ライン入力

・元の弦 マイク(AT4040)

・KALA弦 ライン入力

・KALA弦 マイク(AT4040)

ラインは出力レベルが低く、ノイズが多いです。もしかして電池が切れかけてるのか…?

KALAの弦は、ナイロンのものを芯にして、金属が巻き付けてある、といった感じになっています。

音は全然違いますね。KALAの弦のほうが弦の太さ自体も細くなって、エレキベースにかなり近い弾き心地になりました。

音色も湿っぽい音色から、カラッとした元気な音になって、音量自体も大きくなりました。

ただ、フレットノイズが大きい。張りたてだからかも。しばらくしたら落ち着いてくるかな。

その他

裏は磁石になってます。手作り感がすごい。

チューナーつきのプリアンプがついてます。

このチューナー便利。三味線にもほしい。

ジャック。プリアンプはボタン電池で動きます。

おわりに

音量も小さいし、マイクに乗りにくく、ちょっと扱いが難しい楽器かもしれない。

ただ、アコースティックなベースって選択肢がほとんどないので

実際にいろいろ試して、使い方を開拓していけたらなと思ってます。

動画も撮りました

created by Rinker
keypilina
¥33,000 (2020/04/02 06:02:05時点 Amazon調べ-詳細)