オーケストラアレンジをはじめたい人のための本「編曲の本」レビュー

公開日: : 最終更新日:2017/01/27 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

オーケストラアレンジをはじめたい人のための本「編曲の本」レビュー日本作編曲家協会の回し者、こおろぎです。

この「編曲の本」はきちんとした理論書じゃないです。編曲マニアがニヤニヤするための本です。

JCAA・日本作編曲家協会という、かなりちゃんとした所が出してます。そして専門学校時代、僕の先生だった青木望さんが編纂しています。

とにかく、参加してる面子が半端じゃない。

すぎやまこういち、笹路正徳、菅野よう子、服部隆之・・・(敬称略)

など、他にもこれでもかと言うほどの大物が名を連ねております。

JCAA・日本作編曲家協会 HPにもっと詳しく載っていますので参考にしてください。

さて、内容ですが

理論編

理論がちゃんと書いてあるわけでは無いんだなこれが。

現役で活躍する編曲家に質問をして、(例えば「アレンジャーとは」「コラージュ手法の問題点」など)それに対して各々の考えを言っていくという感じです。僕は菅野よう子さんの言葉が素敵だと思いました。

サラッと大島ミチルさんの「ショムニ」、笹路正徳さんの「バードランド」のスコアも載ってたりしてすごく勉強になります。

技術編

「ディズニーランド内の音楽」「クインテッド」などの宮川彬良さんによるオーケストラ全般、「ミュージックフェア」、「ザ・ベストテン」、「クイズ100人に聞きました」の服部克久さんによるストリングスなど。

書いてあることは対した事ないんですが、「宮川彬良、服部克久が俺の師匠!」っていう気分になります。気分は。技術的なことよりも考え方に触れるっていう意味の方がでかい気がします。

 

この本、管弦楽法は充実してるんですが、和声、対位法の事についてはあんまり触れてないので、読む前にちょっとは勉強しておいた方がいいですね。

今までポップスはやってたんだけど、オーケストラは作ったこと無いっていう人にオススメです。

どちらかというと初心者用の内容ですが、完全に価格が初心者用ではありません・・・コンセプトが中途半端かもしれないです。でも編曲マニアなら持っておきたいところ。ニヤニヤするために。

 

あ、あと青木望さんの曲がニコニコ動画でも大人気な事を発見。

テーレッテーは青木望さん作曲のBGMです。モチーフはクリスタルキングの曲ですけど。

JCAA・日本作編曲家協会 HP

 
スポンサーリンク  

関連記事

【スコア】ポップス歌モノ系ホーン・セクションの勉強には絢香×コブクロのWINDING ROADがオススメ

ポップス歌モノ系ホーン・セクションの勉強に、絢香×コブクロ「WINDING

記事を読む

音楽家の副業ブログは本業へ繋がる『補助業』だと思う -「副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト」を読んで

今、僕の仕事の大部分がブログ経由で来ています。 音楽家が副業でブログをやって得られるも

記事を読む

ジャズスタイルのオシャレなポップスアレンジが学べる中・上級者向け教本「コンテンポラリー・アレンジャー」

中・上級者向けアレンジ教本、 ドン・セベスキー(Don Sebesky)著「コンテンポラリ

記事を読む

初心者からでもジャズピアノがすぐ弾けるようになりたい人には、教則本『なんちゃってジャズピアノ』がおすすめ

ジャズっぽいピアノの弾き方を覚えたいんだけど、ちゃんと勉強するのはめんどくさい。 そんな僕たち

記事を読む

ピアノが弾ける人向け!『サントラ、BGMの作曲法』、『つくれるサントラ、BGM』レビュー

岡 素世さん著の『サントラ、BGMの作曲法』、『つくれるサントラ、BGM』を読みました。

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑