シンプルで軽い、極めて平凡なドラム音源『JP Extremely Ordinary Drums』レビュー

公開日: : ソフトウェア音源

スポンサーリンク  

 

シンプルで軽い、極めて平凡なドラム音源『JP Extremely Ordinary Drums』レビュー

もっぴーさうんどさん(@moppysound)と DOVA-SYNDROMEの共同開発のKONTAKT用生ドラム音源『JP Extremely Ordinary Drums』(ジェーピー エクストリームリィ オーディナリー ドラム)をいただきました。

ざっくり

・インディーロック系のサウンド
・音色のバリエーションがほぼない
・AD2、BFD3、SD2.0、SSD4、GMマップのキー配列でも使える
・負荷が軽い(メモリー使用量50MB)

デモを作ってみました。

音 インディーロック系

音色は素っぽいので、生感は結構あります。

音色のバリエーションが少ないので、このドラムを使える場面は特定の曲調に限定されそう。

デモを作成するときも、ドラムの音色を軸にして曲のスピードや雰囲気を決定しました。

音色がルーズだったり、ニュアンスが揃ってなかったりして、演奏が粗めに聴こえるので、インディーロック系の曲調が一番合います。

・キック アタックが結構出ています。「点」で鳴っているような感じなので、うまく「面」のサウンドに加工してあげるとよさげです。

・スネア スコーンという金属のスネア。ルーズ過ぎず、タイト過ぎず、いいバランスのチューニングですね。リムショットは「カッ」っという音が出てなくてあまり使えない音。

・ハイハット 鋭く、高い帯域まで出てます。奏法どうしのニュアンスはあまり揃ってないです。

独自の音色として、両手同時打ちが収録されています。通常使われそうな音色も一通り揃っています。

ファイルフォーマットは48kHz/24bit。ベロシティレイヤーは最多5段階、4つのラウンドロビン。

機能

GUIはこんな感じ。この画面から個別にミュートして使用メモリを減らすことができます。

細かい設定画面。

ピッチの効きは良さげなので、積極的にいじっていくほうがいいかもしれません。

エフェクトもかけられます。ページ移動が少ないのがやさしい。

ただ、ボタンが小さく、on/offがわかりづらいかなーとは思います。

パラアウト機能はついていません。

その他

メモリ使用はマックスでも53MB程度。

Superior Drummer 3は1GB程度なので、約20分の1です。

低スペックのPCでの制作にはよさそうですね。

AD2、BFD3、SD2.0、SSD4、GMマップのキー配列に対応しているので、仮の音源として使ったり、差し替えたりということもできます。

リンク

■JP Extremely Ordinary Drums KONTAKT版 製品詳細

 
スポンサーリンク  

関連記事

自然な和太鼓音源『Japanese Taiko Percussion』レビュー

和太鼓音源、SONICA INSTRUMENTSの『Japanese Taiko Percuss

記事を読む

質感のよい民族楽器の総合音源「MOTU Ethno2」

実はこの音源しょちゅう使います。 基本的にはインスト曲で使うような音が多いんですが、歌

記事を読む

8種類のマイクで音作りをしていく明るいピアノ音源、Waves『Grand Rhapsody Piano』レビュー

Waves『Grand Rhapsody Piano』を導入しました。 世界で最も高額

記事を読む

神アプデしたオーケストラ総合音源Orchestral Essentials 1.1 追加音色レビュー

僕も愛用しているオーケストラ総合音源Project SAMのOrchestral Essenti

記事を読む

パラデータで配布している無料の生ドラムループ集「J3T Drum Tracks」を音作りの参考にしてみる

「ProducerSpot」から無償で配布されているドラム・ループ集「J3T Drum Trac

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑