「〜してください」と書いてあるとそうしたくなくなるよね

公開日: : 音楽でメシ

スポンサーリンク  

 

「〜してください」と書いてあるとそうしたくなくなるよねTAKA160421400I9A2651_TP_V

「拡散してください」
「シェアお願いします」
「見てください」
「フォローお願いします」

という文章を見ると、そうしたくなくなりません?

人間は、行動を促される文章を見ると、大なり小なり反発心が生まれてしまうようです。

学生時代に「宿題をやりなさい」と言われるとやりたくなくなりましたし、あれだけ売り上げのあるAmazonのサイトを見てみても「買ってください」という言葉は一つも見あたりません。

こんな記事も見かけました。

■「1週間以内に本屋で買ってくれないと重版されない」って脅されると買いたくなくなる | アオシマ書店 – 電子書籍の情報サイト

これは、心理的リアクタンスという力がはたらいているそうです。

高圧的な説得を受けると被説得者は自分の自由が迫害されたと感じる。その結果、自由を取り戻そうとする行動として、説得方向とは逆の方向に態度を変えるというものである。

■心理的リアクタンスとは | はてなキーワード

「〜してください」と行動を促すのは、反発心が生まれるので、もともとそれをすごくやりたい人間にしか効果がない、ということです。

受け手の利益を提示する

じゃあ、直接的に行動を促す文章を書かないで、その行動をしてもらうにはどう書けばいいのか。

例えば、

「公式LINE@を追加してください。」

よりも

「公式LINE@を追加するとメンバーのどうでもいい情報が届きます。」

のほうがよさそう。なぜなら、ふざけていると見せかけて、受け手の利益を提示しているから。

「受け手がその行動をした時にどういう利益があるのか」というのを書く、というのが解決方法のひとつですね。

名詞化する

 
動詞で書かずに名詞にする、というのもいいらしい。

■人間の行動を促すコツは「名詞化」にあり:研究結果

「購読する」よりも「読者になる」のように。

「〜してください」と書いたほうがいいという意見も

 
いっぽう、「〜してください」ときちんと書かないと「シェアをする」とか「買う」という発想に至らないから、書いたほうがいい、という意見も。

例えば、バイラルメディアは「よかったらシェアしてください」と書いてあります。

その行動をするターゲットによって効く文言は違うみたいです。

何度も同じものを宣伝する機会がある場合、どういった言い回しがよいのか試して、数字を比べてみるのもよいかもしれません。

おわりに

文章のテクニックは色々あると思うんですが、とりあえず「〜してください」をやめるだけでもかなり効果があると思っているんですよね。

僕がその書き方を嫌いなだけかもしれないんですけどね。


 
スポンサーリンク  

関連記事

2015年6月のまとめ 収入11.7万円 半年平均19万円 ブログ11.4万PV ストリーミング戦国時代突入

収益合計 11.7万円 依頼(作曲、編曲、ミックス等)合計 1.4万円 + ストッ

記事を読む

編曲の仕事を100曲以上やってわかった、最初の連絡で「この曲ダメっぽいな」と思う2つのこと

編曲家の顔ももつ、こおろぎ(@kohrogi34 )です。 歌モノの編曲の仕事を10年

記事を読む

2016年の振り返りと2017年にやることについて考える

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 専業フリーランス

記事を読む

収入、支出を記録し続けるだけでバンドのお金の問題が改善する説

ツイッターで 「バンドをやっているorやっていた方に質問です。バンドの支出、収入を記録

記事を読む

2014年5月の収益報告 収入6.9万円 平均12.2万円 ブログ月間9.9万PV

  収益合計6.9万円 依頼 4.6万円 アフィリエイト、クリ奨 2.3万円 あ、や

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑