使い所が見当たらない。ボールを壁にバウンドさせたKontakt音源「Bounce」が無料だったので無理矢理使ってみた

公開日: : 最終更新日:2016/04/16 ソフトウェア音源 ,

スポンサーリンク  

 

使い所が見当たらない。ボールを壁にバウンドさせたKontakt音源「Bounce」が無料だったので無理矢理使ってみた 
PSJ Bounce670

今回は、全く使い所が見当たらないKontakt用のソフト音源「Bounce」を紹介したいと思います。

ボールを壁にバウンドさせた音が収録されています。

収録されているボール音

・バスケットボール
・ピンポン玉
・サッカーボール
・エクササイズボール
・おもちゃのカラーボール

マイク位置やステレオ感が変えられるんですが、遠くするとほんとに鳴ってるっぽくなる。

一応曲を作って見たんですがなぜかアシッドな感じに着地。この曲使う場面あるのかな…

右で鳴ってる、卓球の玉が跳ねる打ち込みはこうやってます。これがうまくできたので満足しました。

テンポに合わせて速くしていって、音色も暗く、ベロシティも弱く。ちょっとだけ変化してるものをサンプリングしているので、バラバラに発音するように打ち込めば「マシンガン効果」を回避できます。ちょっとすごい。

 
 
こういう音源ってどういうシチュエーションで使うんだろう。って思ったんですけど、曲じゃなくて効果音に使うのが基本なのかな。でもメーカーのデモは曲作ってあるんだよなあ。

例えば、ゲームの音楽や劇伴は、効果音に聴こえない音のほうがいいので、こういうのはNGですよね。あ、クラブとかライブで鳴らしたら面白そう。

今はボールの跳ねてる場面を映像ごと切り取って並べてリズムにして、その上にうまく音楽を乗せる、という、映像とリンクさせたやり方をしたほうがかっこいいと思うので、音だけだとどうしようもない気もしますね。距離感など調節できるので、差し替えには使えそうだけど。

※追記 かっこいい曲教えてもらいました

無料ですので、DLして遊んでみてください。

・Paper Stone Instruments「Bounce」 | DLページ

では。

 
スポンサーリンク  

関連記事

和風・YOSAKOI楽曲制作向けの威勢の良い掛け声音源『JP Traditional Call 』レビュー

フリーBGMサイトDOVA-SYNDOROMEと作曲家もっぴーさうんどさん(@moppysoun

記事を読む

DAW、ソフトウェア音源、プラグインエフェクト…全部無料でDTMを始めるために厳選したまとめ2014

最近フリーの音源、プラグインエフェクトをめちゃめちゃ目にします。もうフリーだけでひと通り作れ

記事を読む

音作りの幅が広いタックピアノ、ホンキートンク音源『The Tack』のレビュー

タックピアノ音源『The Tack』をちょっと前に買いました。 タックピアノとは、ホン

記事を読む

Cubaseを使っている人に全力でStudio Oneをおすすめしていく。まず、曲を作るのが早くなります。

Cubaseから乗り換えたいけど最初に使ったDAWの呪縛から逃れられないでいる— ラカ

記事を読む

8種類のマイクで音作りをしていく明るいピアノ音源、Waves『Grand Rhapsody Piano』レビュー

Waves『Grand Rhapsody Piano』を導入しました。 世界で最も高額

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑