収入が月3000円になったら音楽のプロへの折り返し地点である。そして毎日6時間を投入しよう。

公開日: : 教則本・その他本, 音楽でメシ

スポンサーリンク  

 

収入が月3000円になったら音楽のプロへの折り返し地点である。そして毎日6時間を投入しよう。

石田ごうきさんの「音楽で一生食っていきたい人のための本 あなたの音楽収入を10倍にしよう!」を読みました。

この中で特にキャッチーで納得感があったのはこの2つ。

・3,000円もらえたらそれが折り返し地点
・毎日6時間を投入する

僕もまさにこの2つがあてはまっているので。

3,000円もらえたらそれが折り返し地点

「音楽で食っていこう!」と思ってから、謝礼程度(1件3,000円とか)の案件が獲得できるまでが、なんと専業までの道のりの半分くらいです。

3,000円の案件が1件取れるまでにかかる時間と、そこから専業=毎月15万円以上の売り上げが上がるまでにかかる時間は、ほぼイコールになることが多い様です。

だから、まずは「音楽で食っていく!」と決める。それから3,000円もらえるまでガムシャラに走るというのはいかがでしょう?

3,000円もらえたらそれが折り返し地点です

僕も、15歳ではじめてから23歳の時に3000円、31歳くらいのときに専業になったので、めっちゃ合ってますね!

現代のほうが少額を稼ぎやすいと思うので、そこまで目安として正しいかわかりませんが、どっちにしろ、少し稼げるようになるということは、全く稼げないのとはかなり差があるということですよね。

ブログもほとんどの人の収益が1000円いかない、という話ですし。

というわけで、まずは毎月3000円を目指す。

毎日6時間を投入する

「2時間でアマチュア」「4時間で凄腕のアマチュア」「6時間でセミプロ」「8時間でプロ(専業)」です。

今アマチュアの人に対して、僕がオススメしたい時間量があります。
それは6時間です。

8時間はプロにならないとキツいので、セミプロ基準の6時間を毎日投入して、バイトを減らす。

僕もプロになる前は毎日平均6、7時間を投入してました。

ただ投入するだけじゃなくて、いかに質の高い時間にできるか、というのも大事。

おまけ 改善しない無限サイクルを抜け出す

よくあるPCDAサイクルではなく、Doからはじめる改善サイクルというのが紹介されてたんですが、その比較として紹介されていた

・行動だけで評価、改善がない、行動(Do)ばかりの「DDDDサイクル」

・計画(Plan)ばかりの「PPPPサイクル」

は陥りがちだな、と思いました。特に「DDDDサイクル」は抜け出したい。

おわりに

文章を読み始めると、自己啓発本っぽい語り口で、ふわふわした内容かなと一瞬思ったんですが、

マーケティングをかみ砕いたわかりやすい図や、精神的なケアも書いてあったりと、よい内容です。

僕の方向性とかなり近い。というか上位互換みたいな…

細かく具体的、というよりも、大きくて大事な考え方、という感じですね。まさに、時代に左右されない一生もののマーケティングスキル、といった内容です。

 
スポンサーリンク  

関連記事

2014年12月の収益報告 収入27.9万円 平均14.3万円 ブログ月間11.8万PV

12月はぐうたらしてました。みかん食べて寝てました。あと忘年会に行ったり来たり。 収益

記事を読む

「プロが教えるアニソンの作り方」はアニメ劇伴についてもかなり書いてあるということをお知らせしたい

今回ご紹介するのは、「プロが教えるアニソンの作り方」という本。 アニメの音に関わる方々

記事を読む

プロデュース力は音楽を作れることと同じくらい大事だ

YUKI、中島美嘉、Superfly、ゆず、flumpool、JUJUなどの作品に関

記事を読む

2013年7月の収益報告とおまけ

そういえばこのkohrogi.com、先月で1周年だったんですよね。短い!ずっとやってるような気がし

記事を読む

オーケストラのソロ楽器演奏者は自分の録音環境を持ち、仕事の幅を増やすことをおすすめしたい

楽器演奏者は自分の録音環境を持っていると仕事の幅が増えます。 ギターやベース奏者はライ

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑