買い取り契約にしなければ、同じ予算でも音楽の品質を上げることができるかもしれません。

公開日: : ゲーム、動画製作者向け

スポンサーリンク  

 

買い取り契約にしなければ、同じ予算でも音楽の品質を上げることができるかもしれません。

プロジェクトによって音楽に使える予算はだいたい決まっているはずです。

なので、音楽家はその予算を最大限生かしたサウンドを作っていきます。

プレイヤーにお願いしたり、スタジオを抑えたり、エンジニアさんにミックスしてもらったり…

しかし、中には予算が低いプロジェクトもあります。

そういうときには買い取り契約ではなく、権利をこちらに残す契約にしていただけると、同じ予算でも品質を上げることができます。

たとえば、プロジェクトの予算が10万円の曲でも、今後自分が運用することで20万円以上利益が出そうだなと思ったら、そのぶん、予算を越えてお金をかけることができるわけです。

買い取りだったら、予算以内の品質のものしかできない。

というわけで、特に予算が低い場合などには契約内容の変更も提案させていただいています。

もちろん、買い取りではないからといって私が完全に自由に使う、というものではなく、JASRAC等に登録しない、などの制限をつけることもできます。

買い取りなしで特に取り決めがなければ、基本的には作品の展開を妨害しない範囲で使用します。

音楽をお願いしたいけど予算が厳しいなーというときには、上記のことを思い出してみてください!

 
スポンサーリンク  

関連記事

Q.無料で配布されている楽曲を著作権ごと購入させていただくことは可能でしょうか。A.基本的には不可能ですが、5億円いただけるのであれば検討します。

Q.無料で配布されている楽曲を著作権ごと購入させていただくことは可能でしょうか こおろ

記事を読む

音によって気分や行動に影響を与える、サウンド・マーケティングとは。『なぜ、あの「音」を聞くと買いたくなるのか』レビュー

ハンス・ジマーにインタビューした際、彼は冗談まじりにこう言った。「観客はホラー映画を見て恐怖のあまり

記事を読む

イメージ通りのものを作成してもらうための的確なリテイクを出す4つのコツ

  リテイクとは成果物に対しての”やり直し”のことです。 クリエイターに発注する時の

記事を読む

Q.効果音(SE)は作成できますか?A.基本的にはできませんが、要相談です。

Q.効果音は作成できますか? こおろぎさんは、効果音(SE)は作成できますか?

記事を読む

DTMで音楽を制作するとはどういうことなのか。ひととおり説明してみます。

僕はDTM(ディーティーエム)といわれる作業をして音楽を制作し、仕事にしているのですが、実際

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑