買い取り契約にしなければ、同じ予算でも音楽の品質を上げることができるかもしれません。

公開日: : ゲーム、動画製作者向け

スポンサーリンク  

 

買い取り契約にしなければ、同じ予算でも音楽の品質を上げることができるかもしれません。

プロジェクトによって音楽に使える予算はだいたい決まっているはずです。

なので、音楽家はその予算を最大限生かしたサウンドを作っていきます。

プレイヤーにお願いしたり、スタジオを抑えたり、エンジニアさんにミックスしてもらったり…

しかし、中には予算が低いプロジェクトもあります。

そういうときには買い取り契約ではなく、権利をこちらに残す契約にしていただけると、同じ予算でも品質を上げることができます。

たとえば、プロジェクトの予算が10万円の曲でも、今後自分が運用することで20万円以上利益が出そうだなと思ったら、そのぶん、予算を越えてお金をかけることができるわけです。

買い取りだったら、予算以内の品質のものしかできない。

というわけで、特に予算が低い場合などには契約内容の変更も提案させていただいています。

もちろん、買い取りではないからといって私が完全に自由に使う、というものではなく、JASRAC等に登録しない、などの制限をつけることもできます。

買い取りなしで特に取り決めがなければ、基本的には作品の展開を妨害しない範囲で使用します。

音楽をお願いしたいけど予算が厳しいなーというときには、上記のことを思い出してみてください!

 
スポンサーリンク  

関連記事

ポイントは超低音。機械獣を矢で狩るPS4のゲーム『HorizonZeroDawn』の音楽についての話。

PS4のゲーム『HorizonZeroDawn』(ホライズンゼロドーン)を4日で50時間かけ

記事を読む

編曲とは、アレンジとは…音楽を作っていない方にもできるだけ分かるように書いてみました

Photo:Surnatural Orchestra By undefined 音楽における編

記事を読む

曖昧になりがちな楽曲の買取契約についてこの際しっかり勉強しておきたい

  今回は作曲家と発注者の間で交わされる契約の1つ「楽曲の買取」について。 特にインスト

記事を読む

コンセプトムービーのBGMによく使用される楽器まとめ【デモあり】

  「コンセプトムービー」とは 製品やサービス、ブランドのコンセプトを説明したり、イメー

記事を読む

DTMで音楽を制作するとはどういうことなのか。ひととおり説明してみます。

僕はDTM(ディーティーエム)といわれる作業をして音楽を制作し、仕事にしているのですが、実際

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑