仕事の連絡ツールは、やっぱりWebメールが最高だと思う。

公開日: : 最終更新日:2017/09/30 その他

スポンサーリンク  

 

仕事の連絡ツールは、やっぱりWebメールが最高だと思う。

Webメールはログが残り、内容を検索できる

最近、連絡ツールが多様化してますよね。

・LINE
・Skypeのテキスト、通話
・facebookのMessenger
・TwitterのDM

など。

僕もこれら全部を使って仕事の連絡をしたことがあるんですが、

やはりGmailやYahoo!メールなどのWebメールが最高だなと思っています。

・ログが残る
・内容を検索できる

特にこの2つが大きいです。

SkypeやLINE、TwitterDMのテキストは時間が経つと消えてしまうんですよね。検索もできない。

契約や重要な指示などが消えてしまう可能性があります。数年後に探す可能性もあるので、ログはなるべく残しておきたい。

Skypeのようなチャットは内容が細切れに来てしまうため、作業に集中できなくなります。最近は立ち上げなくなりました。

Twitterも原因不明の凍結が多いので、仕事の連絡ツールとしてはなるべく避けておいたほうがよさそうです。

LINEも、通知が来てしまうのでデスクトップ版を常に立ち上げておきたくないんですよね。かといってアプリ版だとリンクが張りづらいし長文が書きづらい。

ちなみに、この前スマホの機種を変えたらLINEのメッセージが全部消えました。

消えても問題がないような、軽いやりとりであればどのツールでもいいと思います。

通話について

通話については否定派です。

ログも残らないし、僕の場合、記憶に自信がないので、後からテキストに書き起こして確認したり、内容をもう一度送ってもらうことになります。完全に二度手間です。

「通話は何時がよいでしょうか」みたいな時間合わせも、それをやっているときに内容のやりとりをすれば済む気がして、無駄に感じます。

音楽の場合特にそうなのかもしれませんが、通話じゃないと伝わらない内容、というものもほとんど感じたことがありません。

返事にスピードが必要な要件、打ち合わせのような双方向でのやりとりが必要な要件、もしくは距離が近い相手と雑談しながらダラダラ打ち合わせする、その3パターン以外では使うのを避けたいです。

おわり

というわけで、仕事のご連絡は常にWebメールの kohrogi34@gmail.com までお願いします!

という話でした。

 
スポンサーリンク  

関連記事

ブログのメインイラストを描いていただいたので、せっかくだから制作のやりとりを晒してみた

  イラストレーター、スギタさんにこのブログ「こおろぎさんち」のイラストを描いていただきました。

記事を読む

DTMerが必ず喜ぶ!センスの良いプレゼントは仏像で決まり♪

DTMerへのプレゼントって悩みますよね… 曲を作っている時は裸だから服はいらないだろ

記事を読む

編曲を依頼する時にはカラオケでの納品を避けたほうが楽曲の質を上げられます(ゲスト 北吉泰輔、上原翔)

「2MIXしたカラオケで納品」という編曲(アレンジ)の案件がぼちぼちあるのですが、すっご

記事を読む

聴く前に「見る」から、音楽家はきちんとしたプロフィール写真があると仕事が増える。

プロフィール用、LP用、バナー用の写真を新しくしました。「<>」のボタンで写真を切り替えられます。

記事を読む

生放送にハマれないと思っていた僕が『胎児』さんの放送だけは9割見ているわけ

ちょっと前まで公式以外の生放送ってあまり見てなかったんですよね。基本グダグダしてるし、見てて

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑