ピアノで愛を歌う坊主、Pi坊さんのバラード『またもや』の編曲をさせていただきました

制作事例
-shared-img-thumb-TSU85_sakurasayonara_TP_V

ピアノで愛を歌う坊主、Pi坊さん(@Pi_bou )の楽曲『またもや』の編曲をさせていただきました。

Pi坊さんはシンガーソングライター、ゴスペルディレクター、アレンジャー、ヴォイストレーナー。先日僕が音楽を担当した、ドラマ「となりの関くん」の劇中歌も歌っていただきました。

僕がやっていたバンド、「カナデモノ」のキーボードを弾いて頂いていた時からのつながりで、たびたび編曲のご依頼を頂いています。

今回ご依頼をいただいた『またもや』は、死をテーマにした壮大なバラード。

人間の生死がテーマなので、電子系の楽器は使わず、生音系のみで組み立てようと思いました。

ピアノを軸に、リズム隊とストリングス、ホルン、フルートといったオーケストラ楽器を使っています。

前半は寂しさ、後半になるにつれ、それを乗り越えていく、希望のあるアレンジに。

レコーディングにもお邪魔して、ついでにインタビューも撮ってます。

https://www.youtube.com/watch?v=sB4zkcRMfls

PI坊さんからのご依頼は、ピアノ弾き語りのデモをいただいて、そのままそのトラックに肉付けしたものをアレンジの叩き台にしてすすめていく、というやり方にしてます。

そうすると、僕の方でピアノを打ち込む手間が省けるので、叩き台のデモを早く送ることができます。

リンク

・Pi’sful World Music Official Web Site | Pi坊公式サイト