ピアノが弾ける人向け!『サントラ、BGMの作曲法』、『つくれるサントラ、BGM』レビュー

公開日: : 教則本・その他本

スポンサーリンク  

 

ピアノが弾ける人向け!『サントラ、BGMの作曲法』、『つくれるサントラ、BGM』レビュー

岡 素世さん著の『サントラ、BGMの作曲法』、『つくれるサントラ、BGM』を読みました。

ざっくり

・ピアノが弾ける人、楽譜が読める人向け
・作曲初心者向け
・『つくれるサントラ、BGM』はCDつき

『サントラ、BGMの作曲法』は、前半は基礎のざっくりとした解説、後半は例になる短い曲と、その解説、という構成。

『つくれるサントラ、BGM』は、ほとんどのページが例になる短い曲とその解説で、1例が短く、量が多い。CDつき。

楽譜はほとんどピアノ譜。ピアノが弾けて、楽譜が読める人で、作曲初心者に向けた本ですね。クラシック出身者が当てはまるのかな。

読みやすいキーにはしてあるっぽいですが、ピアノや読譜ができない人は辛いかも。

2冊とも内容は違いますが、形式はほとんど同じです。

・『サントラ、BGMの作曲法』は基礎の解説がある
・『つくれるサントラ、BGM』はCDがついている

というところに大きな違いがあります。CDつきのほうが雰囲気がわかりやすくてよいですね。

内容は簡潔でわかりやすいので、ざっくりと色んなジャンルの作曲を把握したい人にはよいんじゃないでしょうか。

メロディが古典的

例のメロディがちょっと古典的ではあるんですが、わかりやすい内容を目指すならこういった曲にせざるをえないのかな、とは思います。

あと、ひねったコード進行を意図的に入れて、解説の情報量を増やしているなと感じました。こういういうところは嬉しいですね。

例はあくまで「それっぽい音楽」

劇伴やゲームの曲はあくまで「それっぽい音楽」という感じですね。

仕事で制作するときは「なぜそうするのか」というのをデザインしていかないといけないので。この本ではそこまで踏み込んでいません。

初心者用なのでざっくりの内容にしたとしても、音色の選び方などは、もう少し科学的根拠に基づいた解説が欲しかったかな、という感じはしました。

おまけ

『サントラ、BGMの作曲法』のこれは初耳でした。

♭系の調の方が♯系よりも「立体的」に聞こえたり、ことさらCメジャーは「平面的」に聞こえたりすることがあります P13

おわりに

レビューが若干、本の作り手視点になっちゃいましたね。

入門的な本なので、僕が読む必要はあまりないかなと思いましたが、インスト作曲の本って今まで読んだことがなかったので、得られるものがあるのかなと思って買ってみました。

理論的なことは新しく得るものはなかったんですが、コードの使い方は色々盛り込まれてて参考になりました。

 
スポンサーリンク  

関連記事

【教則本】自宅マスタリングのための「マスタリングの全知識」レビュー【再掲】

マスタリングにはとりあえずこの本買っとけば間違いないです。 基本的な事がすべて載ってます。

記事を読む

1品に特化する戦いかた。『1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 』を読んで、個人事業主としての 戦略を練り直す。

『1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方 』に、

記事を読む

電源で音質を改善!『ミュージシャン、クリエイターのための電源&ケーブル入門BOOK』レビュー

電源ケーブルやアクセサリーの本って、 ほとんどが一般リスナーのための、リスニング系の書籍なん

記事を読む

【教則本】複数のメロディを同時に美しく鳴らす謎の技術の本 ウォルター・ピストン、長谷川 良夫 対位法レビュー

対位法とは複数のメロディを同時に美しく鳴らすにはどうすればいいのか。というお話です。 和声法と

記事を読む

【教則本】和声の勉強におすすめ ピストン/デヴォート「和声法ー分析と実習」レビュー

ピストン/デヴォート「和声法―分析と実習」のレビュー。 ピストン/デヴォート和声法―分析と実習

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑