Q.効率的なインプットのしかたを教えてください。A.僕がやっていることを3つ紹介します。

公開日: : Q&A

スポンサーリンク  

 

Q.効率的なインプットのしかたを教えてください。A.僕がやっていることを3つ紹介します。

Q.効率的なインプットのしかたを教えてください

作曲家だけで食べていくことを目指している高校生です。音楽歴は2年程です。幅のある構成やアレンジ、音作りが出来るようになりたいと考えています。

最近、インプットとしての意味で色んな曲を聴くことの重要性を痛感し、積極的に実行に移しているつもりです。

幅広く曲を聴くこと自体に関しては困っていないのですが、いかんせん身になっていない自覚があります。

曲を知る事が出来ているだけで、あとあと作曲の作業に入りいざ画面に向かった時に自分の引き出しになっている気がしないのです。

こおろぎさんはなにかこれと決めたインプットの「やり方」のようなものはお持ちでしょうか。

A.僕がやっていることを3つ紹介します


効率的なインプットをするために、僕がやっていることを3つ紹介します。

アウトプットしながらインプットする

試しに、身につけたいアプローチを真似した曲を1曲まるごと作ってみたり、曲を作るときに意識して一部を取り入れてみたり。

参考にする曲をDAWに直接貼り付けて、聴き比べながら作ってもよいですね。

そうすると、いつの間にか自分の血肉になっています。

しかし、身についてしまったことは無意識にできるようになるので、引き出しになる感覚というのは薄いんじゃないかなとは思います。

僕も、常に「俺って何も知らないな」と不安になっているので、作曲と勉強がやめられません。

頭の中のものを再現できるかどうかチェックしてみる

頭にサウンドが浮かんだ時に、「どうしたらそのサウンドにできるか」という手順がすぐ思いつくでしょうか。

例えば、オーケストラ全体でのトゥッティが思い浮かんだ時、そのサウンドの中でトロンボーンはどう重ねているのか。ような。

その手順がわからなかったら、技術として身についていないということなので、似たアプローチのスコアを見たり、本を読んだり、耳でコピーしたりして、頭の中で出したい音がすぐ現実の音として再現できるようにしましょう。

頭の中だけでなく、聴こえてくる音楽すべてをそうやって再現可能になると、ずいぶん上達すると思います。いや、それをすべてできたらプロに限りなく近くなるはずです。

好きな分野だけを掘り下げる

好きな分野ならどんどん頭に入りますし、好きでもない分野のことは頭に入っていきません。

なので、とにかく好きなことだけを掘り下げていく。

そのためには、常に自分の「好き」を見逃さないようにする。「好き」のストックを溜めて続けておくことが重要です。習得したら減っちゃいますから。

そういう意味では「幅広く曲を聴くこと」というのはとてもよいことをしていると思います。

意識的にいつも聴かないようなものを聴くことで「好き」の量を増やせますので。

質問はこちらから

基本的にブログに掲載します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


直接のメールは kohrogi34@gmail.com です。

 
スポンサーリンク  

関連記事

Q.若い頃にやっておけばよかったことは?A.英語です

Q.若い頃にやっておけばよかったことは? 僕は19歳なんですが、こおろぎさんが若

記事を読む

Q.パラデータ納品とは何ですか? A.各楽器ごとのバラバラのデータで納品することです。

Q.パラデータ納品とは何ですか? シンガソングライターです。 編曲でのパラデータ納品とは

記事を読む

Q.〆切までに自身の中では100%の出来だと思える物を提出できているのでしょうか? A.できています

Q.〆切までに自身の中では100%の出来だと思える物を提出できているのでしょうか? 基本クライ

記事を読む

Q.音源の備え付けのエフェクトは使わず、全てを同じ種類のプラグインに通す方が良いのでしょうか? A.リバーブだけは統一したほうがよいです。

Q.音源の備え付けのエフェクトは使わず全てを同じ種類のプラグインに通す方が良いのでしょうか?

記事を読む

Q.頭の中ではアイデアはでてくるのですが、打ち込みにまで踏み出せません。 A.手探りで1曲目を作ってみましょう。

頭の中ではアイデアはでてくるのですが、打ち込みにまで踏み出せません。 作曲を始めたばか

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑