Q.音源の備え付けのエフェクトは使わず、全てを同じ種類のプラグインに通す方が良いのでしょうか? A.リバーブだけは統一したほうがよいです。

公開日: : 最終更新日:2017/03/18 Q&A, テクニック

スポンサーリンク  

 

Q.音源の備え付けのエフェクトは使わず、全てを同じ種類のプラグインに通す方が良いのでしょうか? A.リバーブだけは統一したほうがよいです。

Q.音源の備え付けのエフェクトは使わず全てを同じ種類のプラグインに通す方が良いのでしょうか?

音源自体にEQやDelayなどのエフェクトが内蔵されていますが、曲全体に一体感を出すのであれば、音源の備え付けのエフェクトは使わず全てを同じ種類のプラグインに通す方が良いのでしょうか?

例えば、リバーブはWAVESのものを使うから他の音源についているリバーブはこの曲では使用しない、という感じに。

また、その方が作業工程も減るのでしょうか?

A.リバーブだけはある程度統一したほうがよいです。

リバーブだけはまとまりを出すため、ある程度統一したほうがよいですね。リバーブの質感や長さが違っているとチグハグな空間になるので。

音を立たせたい場合はあえて内臓のリバーブを使うということはありますが。

オーケストラ系の音源はマイクで残響がついているので、そちらにあわせて残響をつけていく場合もあります。

その他のコンプレッサーやEQなどのプラグインは、音源に内蔵されたものを使っても問題ないです。DAWのものより音源に内蔵されているものののほうが、その音源に最適化されている可能性もあります。

僕は普段使っているもののほうが慣れているので、内臓のものを使うことは少ないですが。

ボーカルだけ変えたりといった、リバーブの使い分けについてはこちらをどうぞ。

バラードのリバーブを埋もれずに深く付ける方法をプロのエンジニアさんに聞きました。

ご質問はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 
スポンサーリンク  

関連記事

Q.アレンジがうまくできる方法を教えてください A.別の人にやってもらうのも手です

Q.アレンジがうまくできる方法を教えてください アレンジ(編曲)について質問です。

記事を読む

真似をしてはいけない。作曲家の私がボーカルに使うプラグインと処理まとめ。

今回は僕がやっているボーカルの処理を書いてみようと思いますが、 作曲メインの人間の

記事を読む

クラシックとポップスのリズムの違いについて。クラシックはテンポを変えてグルーヴを出す。

クラシックはテンポを変化させてグルーヴを作る 松本一策さん(@issaku_m )が、

記事を読む

Q.頭の中ではアイデアはでてくるのですが、打ち込みにまで踏み出せません。 A.手探りで1曲目を作ってみましょう。

頭の中ではアイデアはでてくるのですが、打ち込みにまで踏み出せません。 作曲を始めたばか

記事を読む

和楽器、箏(琴)の生っぽい打ち込み方法まとめ。ハープ+ギターのように考えてみる。

打ち込み難易度 ☆☆☆ やや難しい 音色の素材としての効果が高いので、適当に鳴らし

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑