爆速でオーディオループをスライスして演奏可能にするループサンプラー『Vice』が使いやすい

公開日: : プラグイン

スポンサーリンク  

 

爆速でオーディオループをスライスして演奏可能にするループサンプラー『Vice』が使いやすい

New Sonic Artsのループサンプラー『Vice』を導入しました。

オーディオループをドラッグ&ドロップするだけで即座にスライスされ、様々な操作が行えるプラグイン・インストゥルメントです。

ざっくり

・立ち上げ、読み込みが早い
・シンプルで操作が楽

ループの音を並び替えたり、ループ内で気になる音だけを処理したり、バーチャル・インストゥルメントでは持っていない音をループから切り出したり、ぶつ切り感が欲しい曲にハメたりするのに使えます。

とにかく立ち上がり、読み込み、操作が早い。「ツール」としての使い勝手がすばらしい。

オーディオを切り出してあるフォーマットとしてはREXファイルがあるのですが、順番を並べ替えたり、個別に処理をするのが手間なんですよね。

Viceは、読み込んだ瞬間に1音づつ鍵盤に割り当てられ、すぐ演奏ができます。

また、特定のスライスだけをリバースしたり、エンベロープ操作やエフェクト処理も可能です。テンポ同期、MIDI書き出しと、オートメーション、8つのステレオマルチ出力もあります。

読み込み

サッと読み込み…

感度は左側のツマミで調節して…

これで演奏準備が完了です。

とっても早い。このGIF、早送りとかしてないですからね。検出精度も高いし、全くストレスがない。

書き出し

ドラッグ&ドロップだけでDAWにMIDIファイルやオーディオファイルを書き出せます。

3つの書き出し方法があります。

1、MIDI。テンポとシンクしたMIDIを書き出し、DAWを再生すれば元のリズムで演奏されます。

2、オーディオの単音。選択した音だけを書き出します。設定も反映されます。

3、オーディオループ。

こちらも設定が反映されるので、「ピアノのメロディの順番を変えずにリバースサウンドにする」ということも簡単にできます。

おまけ

UVI Workstation に読み込んだEthno2のループも直接読み込めます。楽すぎ。

おわりに

UIがフラットでStudioOneに似ているので、付属プラグインかな?と思うほどの一体感がある使い心地です。

シンセパッドを入れて、変なタイミングでスライスされたものを演奏したり、という使い方も結構面白いんですよね。

眠っているループサンプルを使う機会が増えそうです。

デモはこちらから。軽いので、すぐ試せます。

■Vice | New Sonic Arts

 
スポンサーリンク  

関連記事

周波数の戦いは終わった!同じ周波数の音を住み分けてくれるプラグイン「TrackSpacer」 レビュー

"The fight for frequencies is over"(周波数の戦いは終わった)

記事を読む

ぼかりす を購入する前に読みたいレビュー【VOCOLOID】【デモあり】

録音された人間の歌声からその歌い方を真似て歌声を合成できる謎の技術を使ったソフト、ぼかりす(voca

記事を読む

【プラグイン】低音のモニター環境改善におすすめな音場補正ソフト Ik Multimedia ARC System レビュー

勘違いしてARC1の方を買ったんですが、めげずにレビューしよう・・・アップデートした方が安いかと思っ

記事を読む

音場補正ソフトウェア IK Multimedia ARC System 2 を導入したけどやっぱりマストですこのプラグイン

作業している部屋の音響特性を測定し、周波数と位相をプラグインで補正する音場補正ソフトウェアI

記事を読む

【プラグイン】あらゆる機能を詰め込んだ Waves H-EQ レビュー【再掲】

このEQを一言で言うならば 今現在の技術をすべて詰め込んだ超わがままEQ と言う

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑