130万円相当の音源を月額約3000円で使い放題なサービス『ComposerCloud』がお得すぎるので試してみた

スポンサーリンク  

 

130万円相当の音源を月額約3000円で使い放題なサービス『ComposerCloud』がお得すぎるので試してみたcomposercloud

East Westの『ComposerCloud』は、 月額約3000円で、53の製品に含まれる1万以上のバーチャルインストゥルメント、合計130万円相当の音源を使い放題のサービス。

使い勝手が悪かったPLAYエンジンもアップデートでよくなったようなので、試してみることにしました。

ざっくり

・全体的に音源の質が高い
・ダウンロードや管理が楽
・解約が簡単

利用するとよさそうな人

・EastWestの音が好きな人
・曲を作るペースが早い人
・短期間だけ特定の音源が必要な人
・他の音源を買うまでの「つなぎ」として

作るペースが早い人、多くの音源を使用する人はかなり得だと思う。

各音源が2~4万円なのを考えると、1年に1製品を買っていくようなイメージですね。しかも、これから新しく追加されるものも使える。

「Splice Sounds」を利用した時に思いましたが、使い放題でも質が低いものが多く混じっていると、探すのに手間がかかってしまって使いづらいんですよね。

ComposerCloudは、むやみに多いだけでなく、 ほとんどがきちんと「使える」音源だというのがありがたい。Symphonic Orchestraや旧Stormdrumのようなレガシーなものも含まれていますが、 Hollywoodシリーズなどは、プロでもよく使っているという話を聞きます。

また、オーケストラ音源は全パート好みの音源を揃えるのにかなり金額がかかってしまうので、自分好みの音源を買うまで「つなぎ」として使うのもアリだと思います。

短期間だけオーケストラの音源が一通り欲しい、という人が短い間だけ契約するのもいいかもしれません。

解約も簡単で「Auto Renewal Status」をoffにするだけ。

ccc

ダウンロードや管理もかなり楽で、管理ソフトをダウンロードして、認証などの設定が済んでしまえば、オーソライゼーションコードやダウンロードフォルダなどを指定することなく、ソフトを立ち上げて1クリックでダウンロードがはじまり、音源が使えるようになります。

プラン

プランは3つ。

STUDENT PLANS

月額約1600円、学生、および教師のみ

選んだ7つの製品が使用できる

COMPOSERCLOUD

月額約3000円、解約自由

将来追加されるものを含む、全てのCOMPOSERCLOUDゴールド製品が自由に使用できる。
ゴールドはマイクポジションが一つというだけで、奏法などの内容は変わりません。

COMPOSERCLOUD X

年額一括払い、および、1年継続の契約

COMPOSERCLOUDプランに加えて、オーケストラ、コーラス、ピアノのセカンドマイクポジション。

音源リスト

cc
・The Dark Side
・ Fab Four
・ Ghostwriter
・ Goliath
・ Gypsy
・ Hollywood Strings Gold
・ Hollywood Brass Gold
・ Hollywood Orchestral Woodwinds Gold
・ Hollywood Orchestral Percussion Gold
・ Hollywood Harp Gold
・ Hollywood Solo Cello Gold
・ Hollywood Solo Violin Gold
・ Symphonic Choirs Gold
・ Symphonic Orchestra Gold Strings
・ Symphonic Orchestra Gold Brass
・ Symphonic Orchestra Gold Woodwinds
・ Symphonic Orchestra Gold Percussion
・ Pianos Gold Bechstein D-280
・ Pianos Gold Bosendorfer 290
・ Pianos Gold Steinway D
・ Pianos Gold Yamaha C7
・ Ministry Of Rock 1
・ Ministry Of Rock 2
・ ProDrummer Spike Stent/Doug Rogers
・ ProDrummer Joe Chiccarelli/Doug Rogers
・ Ra
・ Silk
・ Spaces
・ Stormdrum 2 Pro
・ Stormdrum 3
・ Voices of Passion
・ 56’ Stratocaster
・ Adrenaline
・ BT Breakz
・ BT Twisted Textures
・ Drum n Bass
・ Electronica
・ Funky Ass Loops
・ Guitar & Bass
・ Hypnotica
・ Ill Jointz
・ Aerosmith’s Joey Kramer Drums
・ Percussion adventures 1
・ Percussion adventures 2
・ Phat & Phunky
・ Public Enemy
・ Scoring Tools
・ Smoov Grooves
・ Steve Stevens Guitar
・ Stormdrum 1 Loops
・ Stormdrum 1 MuItiSamples
・ Symphonic Adventures

リンク

契約はこちらから。支払いはクレジットカードのみ。

■COMPOSERCLOUD | East West

 
スポンサーリンク  

関連記事

Cubaseを導入して最初にやっておきたい4つの設定

アップデートに伴い、Cubase Pro 8を導入しました。2年ほど前にCubase5.5か

記事を読む

StudioOneのMIDI、シーケンサー周りがどれだけダメかを自慢したい Ver.2.6.1時点

PresonusのDAW、StudioOneで100曲以上打ち込んだ僕がMIDI、シーケンサ

記事を読む

【ソフト音源】シネマティックで重厚なブラス ProjectSAM ORCHSTRAL BRASS CLASSIC のレビューと全音色解説やるよ その1【デモあり】

オーケストラ用のブラス音源が欲しくなったので買っちゃいました。特にフォルテシモの音色に野獣のようなワ

記事を読む

パンクな雰囲気を醸し出す無料のアコースティックドラム・サンプルライブラリ「Shino Drums」レビュー【デモあり】

フリーの音屋・同人音楽家 しの / 篠原 瑞希さん(@shino8820 )が作ったフリーの

記事を読む

柔軟な生ドラム音源『Superior Drummer 2.0』を長年使いすぎていてレビューを忘れていた

僕の曲に使用されているドラムキット音源の9割以上は『Superior Drummer 2.0

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑