楽器らしい打ち込みがうまくなるコツ、それは実際に楽器を触ってみることだ

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 テクニック, 楽器・ハードウエア

スポンサーリンク  

 

楽器らしい打ち込みがうまくなるコツ、それは実際に楽器を触ってみることだinst

楽器を買うのにハマってます。

直近ではフルート、トランペット、ヴァイオリンを買いました。

プラスチックでかわいくて初心者にも吹きやすいフルート『Student Flute』を買ってみました。

はじめてトランペットを買って、吹いてみたりミュートをつけたり撮ってみたりしました

バイオリンを買ってみたけど予想以上の小ささにびっくりした

試奏で色々といじくるわけにはいかないので、最も安い価格帯のものを「資料」として買っている感じです。

他にもギター、ベース、エレキシタール、ピアニカ等、色々な楽器を所持してます。

最近改めて確信しましたが、実際に楽器に触ると、その楽器の打ち込みがうまくなります。

自分で触った途端に、打ち込みのサンプル音から息遣い、指使いが聴こえてくる。偽物っぽい音がすぐわかるようになる。

トランペットだと、こういう強さで吹いてる音だな、とか、この音域は苦しいな、とかが感覚でわかる。

25977780770_2caaa37ccc_z

聴くだけ、読むだけの情報よりもさらに深い場所に到達できます。

特にギターについては、実際に楽器を触ってるか触ってないかで、ボイシングやニュアンスなど、打ち込みの本物っぽさにかなり違いが出ます。

実際に楽器を持っていると、他人に弾いてもらう時もこのフレーズが可能かどうか、というのも確認できる。

7978079914_d029d6709e_z

最近のバーチャル・インストゥルメントは本物の楽器と聴き分けられないサウンドが出せるものも多くなってきましたが、そのぶんパラメーターも多くなっており、楽器に対しての知識量や理解力もより必要になっています。

 
 
DTMなんだから、生楽器の性能に関係なく打ち込めばいいじゃん、っていう意見もあるでしょう。

しかし、実際の楽器をきちんと知っておくことで、生をシミュレートした音作り、フレーズ作りができるし、それを無視した音作りも、両方ができるようになる。

わからない人は楽器の事を無視した音作りしかできない。選択肢が狭いままなのです。

7780489946_4fd16d5e08_z

実際に触らなくても、生演奏を見るだけでもいいですね。

ドラムなどは、音で目立って聞こえてなくても、左足でハイハットを踏んでたりします。

 
 
というわけで、DTMerだからってPCだけで完結せず、実際に楽器に触ってみるのがおすすめです。

では。

 
スポンサーリンク  

関連記事

Blue Dragonfly

【マイク】クリアな音質の Blue Dragonfly レビュー【単一指向性コンデンサー】

箱が高級感あります。 元々BlueというメーカーはBottleというマイクがすげーいいよっ

記事を読む

さむね

【オルガン】KORG CX-3 レビュー【写真あり】

実はこの楽器を売ろうと思ってるんで、記念にブログ書きます。 オルガンのKORG CX-3で

記事を読む

ACROSS750sam

僕がモニター用ケーブルとして絶大な信頼を寄せているOyaide ACROSS 750 のレビュー

オーディオインターフェースを買い替えたので、オーディオインターフェース - モニターコントローラー間

記事を読む

作曲sam

3ヶ月で100曲作った僕の早作曲メソッド

この間3ヶ月で100曲を作ったんですが、このペースで作る人は少ないのではないでしょうか。

記事を読む

RME Fireface UCsam

きめ細かい音のオーディオインターフェイス。RME FireFace UC レビュー

RME FireFace UC買っちゃいました。

記事を読む


  • フリーランス3年目の作・編曲家。映像やアプリのBGMを作ったり、編曲したり、ワインを飲んだりニコニコ動画で遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑