クラブミュージック制作にモニタースピーカー+サブウーファーという超低域が聴こえる構成はいかがでしょうか

公開日: : 最終更新日:2016/03/24 楽器・ハードウエア

スポンサーリンク  

 

クラブミュージック制作にモニタースピーカー+サブウーファーという超低域が聴こえる構成はいかがでしょうかFOSTEX『PM0.5-Sub』

ずいぶん前にサブウーファーを入れてたんですが、モニターコントローラーを導入してから使いやすくなったので書いてみることにしました。

ざっくり

・フロアで流すための曲を作っている方におすすめ
・小さい音量でも超低域が出せる
・重い、でかい
・セッティング、調整がめんどくさいかもしれない
・低音は外に漏れやすいので注意

フロアで流すための曲を作っている人におすすめ

実際にスピーカーで超低音の鳴りかたのチェックができるので、クラブミュージックのような、フロアで流す曲を作っている方におすすめです。

逆に、超低音が重要ではない曲を作っている人にはあまり意味がないかもしれません。スマホアプリなど。

音場補正ソフトで周波数を見てみました。オレンジの線が補正前。白い線が補正後。

サブウーファーが入ってるほう。30Hz~50Hzがきちんと出てますね。

ARC_1

こちらが入ってないほう。白い線は音場補正ソフトARCで補正した後の周波数ですが、補正してもスピーカーで出せない帯域はでません。

ARC_2

小さい音量でも超低域が出せる

メインのスピーカーだけだと、サイズが大きなもので大音量を出さないと超低域は出ないんですが、メインのスピーカーにサブウーファーを足すことで、小さい音量でも超低域を出せるようになります。

防音されていないスタジオでも超低域の鳴りを確認することができる。

重い、でかい

低音を出すには重量とサイズが必要なので、どの製品も軒並み重くてでかい。

基本10kg以上。あまり持ち運ぶ機会はないと思うので、重量はそこまで問題にならないかもしれませんが、加えてでかいものが多いので設置場所の確保が難しい場合がありそうです。

机の下に置くのが基本。きっちり真ん中に置かなくても大丈夫っぽいです。

セッティング、調整がめんどくさいかもしれない

ウーファー用の3チャンネルめを出力できる機材が必要です。

また、出力する周波数を綺麗に分割してくれるチャンネルデバイダーなどを使用し、音域がクロスオーバーする部分を調整しないといけません。

チャンネルデバイダーはこんなやつです。

41eFk351ucL1

僕はチャンネルデバイダーを使わず、モニターコントローラーから直接接続し、音響補正システム「ARC2」で補正してます。

■ARC System 2 | IK Multimedia

超低音は外に漏れやすいので注意

超低音は部屋の外に音が漏れやすいので、作業は昼間のみにするなど、苦情が入らないように注意したい。

これはわりと防ぎようがないんですよね。ライブハウスなどでも防音しているにも関わらず「ドン、ドン」と、低域だけは外に漏れてきます。

低音には重いもの、厚いものしか効果がないので、素材的にもお金がかかります。

使用しているのはFOSTEX『PM0.5-Sub』

僕が使用しているのはFOSTEX『PM0.5-Sub』ですが、すでに製造が終了している製品です。

現行品だと、PM-SUBnが近い雰囲気ですね。

PM-SUBn

同じメーカーで揃えたほうがマッチングはよさそうです。僕はスピーカーがFOSTEX NA-01Aなので同じメーカーのものを使用してます。

おわりに

あったらあったでいいかな、という機材ではありますが、あったらあったでいいかなっていう感じですね。

最近の映画は超低域が多いので、映画を鑑賞するのも迫力があって気持ちがいいです。

 
スポンサーリンク  

関連記事

はじめてトランペットを買って、吹いてみたりミュートをつけたり撮ってみたりしました

Kaerntner Trumpet KTR-30/GD(ケルントナー トランペット ゴールド

記事を読む

1チャンネルプリアンプのススメとUNIVERSAL AUDIO 710 Twin-Finityレビュー【再掲】

自宅録音の音質をもっと上げたい!と思ったとき、何を買い足します? 機材をグレードアップする順番

記事を読む

バイオリンを買ってみたけど予想以上の小ささにびっくりした

バイオリンを買ったんですが、触ってみたらすごく小さかったんですよね。大人用(4/4)を買った

記事を読む

吹けないのにウインドコントローラー『AKAI EWI USB 』 をDTMに使ってみた。

AKAI Professional の『EWI USB 』 を導入してみました。 管楽

記事を読む

ストラトやレスポール、アコギ、シタールまで…色々なモデルの音が10万円で出せるギター「Variax Standard」レビュー

最近なんとなくギター熱が高まってきてたんですが、 Line6から新しいギター「Vari

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑