自然なバグパイプ音源「W-Bagpipes」のレビュー

公開日: : 最終更新日:2016/04/19 ソフトウェア音源

スポンサーリンク  

 

自然なバグパイプ音源「W-Bagpipes」のレビューbagpipe

今回はWavesfactryのバグパイプ音源「W-Bagpipes」のレビュー。KONTAKT専用。

バグパイプ(bagpipe/bagpipe)は、旋律を演奏する「チャンター」と、通奏低音を演奏する数本の「ドローン」がが同時に鳴奏される、リード式の民族楽器です。

ざっくり

・ソロとアンサンブル(5人)の2種類収録
・柔らかい音
・リリースが自然
・ドローン音が扱いづらい
・いじれるパラメーターがない

音は柔らかく、ドライで扱いやすいです。リリースのサンプルもあり、音の切れ際も自然です。

ドローン音は、1度押すと鳴りっぱなしになり、もう一度押すと音が止まりますが、この仕様は同じ箇所を何度も聴くときに不便です。

専用のUIがなく、表でいじれるパラメータがありません。ドローン音とサステイン音で音源が分かれています。
スクリーンショット_021616_093415_PM

デモ

公式デモがとってもよい感じ。

僕も作ってみました。リコーダーと重ねてます。

リンク

購入はこちらから。€9.95。
■W-Bagpipes | Wavesfactry

スコットランドの伝統的な管楽器『バグパイプ』の打ち込み方法まとめ

 
スポンサーリンク  

関連記事

伝統的な演奏から現代的アプローチまで対応する箏(琴)、低音琴、三味線の和楽器ライブラリ 『Koto Nation』レビュー

今回は箏(琴)、低音琴、三味線、3つの音色が入っているKONTAKT用ソフトウェア音源、IM

記事を読む

日本産ファンク、ダンス系ドラムループ集『EDOMAE LOOPS』レビュー

なんだかお寿司が食べたくなってくるドラムループ集『EDOMAE LOOPS -RYO

記事を読む

音作りの幅が広いタックピアノ、ホンキートンク音源『The Tack』のレビュー

タックピアノ音源『The Tack』をちょっと前に買いました。 タックピアノとは、ホン

記事を読む

Cubaseを導入して最初にやっておきたい4つの設定

アップデートに伴い、Cubase Pro 8を導入しました。2年ほど前にCubase5.5か

記事を読む

新しいスタンダードになる予感がするフィジカル・モデリングのベース音源『MODOBASS』

IK Multimediaの『MODOBASS』は、フィジカル・モデリングによるエレクトリッ

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑