自然にベースの音量を揃えてくれるプラグイン、Waves「Bass Rider」のレビューと使い方

公開日: : 最終更新日:2016/01/31 プラグイン

スポンサーリンク  

 

自然にベースの音量を揃えてくれるプラグイン、Waves「Bass Rider」のレビューと使い方bass-rider

今回は、ベースの音量を自然に揃えてくれるプラグイン、Wavesの「Bass Rider」について語ります。

Bass Riderは、ベースのトラックにインサートするだけで、音量を自動的に調整するプラグイン。特に、音量がバラつく生録のエレキベースにおすすめ。

同じく音量を調整するエフェクトであるコンプレッサーとの決定的な違いは、Bass Riderは1つ1つの音ごとに作用して音量を上げ下げするので、ごく自然なサウンドに仕上がること。

僕たち作曲家は、レベルの差が大きいエレキベースの処理があまり得意ではないので、これはかなり助かります。はじめて挿したときに「エンジニアの方が作ったような自然で安定した低音感だ」と感じました。

ボーカル用のVocal Riderもありますが、Bass Riderはベース楽器の周波数帯域とエンベロープの特性に最適化されてます。

録音したエレキベースにベースライダーを掛ける前の波形とかけた後の波形。上が処理前、下が処理後です。4弦から1弦を往復するフレーズになっています。

bass-rider_4

上は4弦の音が大きく、1弦の音が小さいですね。ベースを弾くときやミックスする時には、この弦による音量の違いに悩まされます。

かけた後は1つ1つの音の音量を、波形の形をある程度保ったまま揃えてくれているのがわかります。

この処理をした後は、さらにコンプレッサーで音作りをしたり、リミッターで飛び出したところを抑えたり、歪みのエフェクトを掛けたりということがやりやすくなります。

+-12dBの間で修正するので随分幅があるんですが、かなり自然な仕上がりになります。コンプレッサーだと4dBも潰せば音が明らかに変わるのに。すごい。

あと、CPUの消費は少ないです。僕の環境で1、2%ほど。

パラメーター

bass-rider2

パッと見よくわからないパラメーターばかりなので簡単に説明します

Target

コンプレッサーでいうスレッショルド。かかり具合を調節する部分です。平均レベルくらいの場所に設定するのが基本になります。

Sensitivity

Hiにするほど、より細かい音符を拾います。

Response

リリースの早さを決めます。

Spill、Artifacts

よくわかりません。ゲートの設定のようです。

Range

レベルの変化幅を設定します。最大で+-12dBの幅があります。

Rider

実際にどれくらい音量が変化しているのか、エフェクトのかかり具合を見ることができます。Studio Oneではこのパラメーターのみオートメーションを書くことができません。

使い方

クイックスタートから。

1、ベーストラックにBassriderを挿入する。EQやコンプレッサーの前段に。
2、トラックを再生しながら、大きな音が少し外側に出る程度にTargetを設定。
3、すべての音が検出されていることを確認し、検出されていない音はSensitivity と Responseで調節し拾うようにする

これだけ。うまく設定しないとロングトーンの時に急にフェーダーが戻ります。それを特に気をつけないとかなり不自然なサウンドになります。

おしまい

導入してから、常にエレキベースのトラックに挿すプラグインの1つになりました。

リンク

購入はこちら

・Waves – Bass Rider | Media Integration, Inc.

 
スポンサーリンク  

関連記事

【プラグイン】Nomad Factory Magnetic llとBlue Tubes Bundle V3 レビュー

Nomad FactoryのMAGNETIC llとBlue Tubes Bundle V3がセール

記事を読む

爆速でオーディオループをスライスして演奏可能にするループサンプラー『Vice』が使いやすい

New Sonic Artsのループサンプラー『Vice』を導入しました。 オーデ

記事を読む

多機能で滑らかなマルチバンドコンプレッサー waves『C6』のレビュー

マルチバンドコンプレッサーwaves『C6』を購入しました。 マルチバンドコンプレッサ

記事を読む

理想的なモニター環境を構築してくれるプラグイン『Reference 3 Speaker Plugin』のレビュー

今回はSonarworks(ソナーワークス)のキャリブレーションプラグイン『Refere

記事を読む

ぼかりす を購入する前に読みたいレビュー【VOCOLOID】【デモあり】

録音された人間の歌声からその歌い方を真似て歌声を合成できる謎の技術を使ったソフト、ぼかりす(voca

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑