自然にベースの音量を揃えてくれるプラグイン、Waves「Bass Rider」のレビューと使い方

公開日: : 最終更新日:2016/01/31 プラグイン

スポンサーリンク  

 

自然にベースの音量を揃えてくれるプラグイン、Waves「Bass Rider」のレビューと使い方bass-rider

今回は、ベースの音量を自然に揃えてくれるプラグイン、Wavesの「Bass Rider」について語ります。

Bass Riderは、ベースのトラックにインサートするだけで、音量を自動的に調整するプラグイン。特に、音量がバラつく生録のエレキベースにおすすめ。

同じく音量を調整するエフェクトであるコンプレッサーとの決定的な違いは、Bass Riderは1つ1つの音ごとに作用して音量を上げ下げするので、ごく自然なサウンドに仕上がること。

僕たち作曲家は、レベルの差が大きいエレキベースの処理があまり得意ではないので、これはかなり助かります。はじめて挿したときに「エンジニアの方が作ったような自然で安定した低音感だ」と感じました。

ボーカル用のVocal Riderもありますが、Bass Riderはベース楽器の周波数帯域とエンベロープの特性に最適化されてます。

録音したエレキベースにベースライダーを掛ける前の波形とかけた後の波形。上が処理前、下が処理後です。4弦から1弦を往復するフレーズになっています。

bass-rider_4

上は4弦の音が大きく、1弦の音が小さいですね。ベースを弾くときやミックスする時には、この弦による音量の違いに悩まされます。

かけた後は1つ1つの音の音量を、波形の形をある程度保ったまま揃えてくれているのがわかります。

この処理をした後は、さらにコンプレッサーで音作りをしたり、リミッターで飛び出したところを抑えたり、歪みのエフェクトを掛けたりということがやりやすくなります。

+-12dBの間で修正するので随分幅があるんですが、かなり自然な仕上がりになります。コンプレッサーだと4dBも潰せば音が明らかに変わるのに。すごい。

あと、CPUの消費は少ないです。僕の環境で1、2%ほど。

パラメーター

bass-rider2

パッと見よくわからないパラメーターばかりなので簡単に説明します

Target

コンプレッサーでいうスレッショルド。かかり具合を調節する部分です。平均レベルくらいの場所に設定するのが基本になります。

Sensitivity

Hiにするほど、より細かい音符を拾います。

Response

リリースの早さを決めます。

Spill、Artifacts

よくわかりません。ゲートの設定のようです。

Range

レベルの変化幅を設定します。最大で+-12dBの幅があります。

Rider

実際にどれくらい音量が変化しているのか、エフェクトのかかり具合を見ることができます。Studio Oneではこのパラメーターのみオートメーションを書くことができません。

使い方

クイックスタートから。

1、ベーストラックにBassriderを挿入する。EQやコンプレッサーの前段に。
2、トラックを再生しながら、大きな音が少し外側に出る程度にTargetを設定。
3、すべての音が検出されていることを確認し、検出されていない音はSensitivity と Responseで調節し拾うようにする

これだけ。うまく設定しないとロングトーンの時に急にフェーダーが戻ります。それを特に気をつけないとかなり不自然なサウンドになります。

おしまい

導入してから、常にエレキベースのトラックに挿すプラグインの1つになりました。

リンク

購入はこちら

・Waves – Bass Rider | Media Integration, Inc.

 
スポンサーリンク  

関連記事

理想的なモニター環境を構築してくれるプラグイン『Reference 3 Speaker Plugin』のレビュー

今回はSonarworks(ソナーワークス)のキャリブレーションプラグイン『Refere

記事を読む

ディエッサーの上位互換かもしれない。周波数追従型のカット専用ダイナミックEQ『soothe』レビュー

今回は周波数追従型ダイナミックEQ、oeksoundの『soothe』(スース)について書い

記事を読む

Studio One おすすめの付属プラグインエフェクトと全レビュー

Studio One Professional買いました。 使い心地にもの凄く感動しており

記事を読む

2015年9月の収益報告 収入13.9万円 半年平均25.4万円 ブログ8.9万PV スプラトゥーン関連のお仕事を頂きました。

gif画像の一部だけが動く「シネマグラフ」に挑戦しましたが無理でした。ただのgifです。

記事を読む

Komplete 10 Ultimate K9Uからの差分レビュー。「ACTION STRIKES」「CUBA」など。

今回はNative Instruments「Komplete 9 Ultimate」から「K

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • まだデータがありません。

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑