「記憶に残る素晴らしい出来栄え」ボジョレー・ヌーボー2015年のレビュー

スポンサーリンク  

 

「記憶に残る素晴らしい出来栄え」ボジョレー・ヌーボー2015年のレビュー2015 Beaujolais Nouveau

ボジョレー・ヌーボー 2015 飲みました。

セブンイレブンの

シャルル・ドラピエ
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
2015 スペシャル・キュヴェ (赤) 500ml

(Charles Drapier Beaujolais-Villages Nouveau 2015 Special Cuvee )

ってやつです。

以下公式サイトから

「ビストロSMAP」から生まれた
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー。

SMAP稲垣吾郎氏とソムリエ田崎真也氏がコラボレーションし、特別な味わいをつくりあげました。

ボージョレ地区の中でも、優良なワインを産出する39のヴィラージュ地区から更に選び抜かれた10地区“クリュ・ボージョレ”の畑で収穫されたブドウを100%使用。

ボージョレ・ヌーヴォーのコンクールで大金賞を受賞した経歴のある名門ワイナリー、アルベール・ビショー社のアラン・セルヴォー氏が手掛ける『シャルル・ドラピエ』の特別な1本。

– ボージョレ・ヌーヴォー|セブン‐イレブン

なんだかすごそう。

セブンのボジョレー・ヌーボーで番組、タレントとのコラボっていままでなかったんじゃないかな。

裏のラベルはこんな感じ。

2015 Beaujolais Nouveau

ボディが真ん中の「3」なんですよね。

ボジョレーってかなり軽い、ライトボディのはずなんですけど、今回は重いのかな。

2015年は”記憶に残る素晴らしい出来栄え”らしい。

さて開封。

2015 Beaujolais Nouveau

まず色が濃いです。

今回はうしろに白いタオルをあててみたんですけど、透けないくらいの濃さ。

2015 Beaujolais Nouveau

こちらは2014年。同じカメラで、おなじような環境で撮ったもの。

Beaujolais_3

やっぱり2015のほうが濃いですね。

香りは華やかなベリー系ですが、去年よりは穏やか。

口当たりは新酒らしいフレッシュさがあり、味わいは若干濃くて渋みが多め。

ボジョレーは冷やして飲んだほうがいいんですけど、これはちょっと高めの温度のほうが渋みが出なくていいですね。

ボジョレー・ヌーボーとして飲むんだったら半端な味わいかなという感じ。

こういう濃い目の年は普通のワインだとポテンシャルが高いのだろうか。

それとも混ぜ具合を濃い目にしてあるだけなのかな。そんなに違いが出るものなのかな。

新酒って本来は出来を確かめるためのものなんですけど、どういう味わいだったらいい年なのかがわかってないというね。

2015 Beaujolais Nouveau

というわけでボジョレー・ヌーボー 2015はこんな感じでしたー。500mlなので2日で空けました。このくらいがちょうどいいサイズですね。

毎年飲む銘柄ってこれしかないと思うので、毎年感想書けるといいなあと思っとります。

では。

 
スポンサーリンク  

関連記事

コノスル ヴァラエタル シラー 2011(Cono Sur Varietal Syrah 2011) 飲んだ

単一品種のワインを楽しめるコノスルのヴァラエタルシリーズから、シラーを選んでみました。チリのシラーっ

記事を読む

オサレなボトルの赤ワイン Alexandre SIRECH Le Bordeaux 飲んだ

この前DOVA-SYNDROMEの広告記事を書いたお礼に管理人の稿屋さんからワインをいただきました!

記事を読む

【ワイン】ちょっと甘めのカバ、コドーニュ・クラシコ・セコ(Cava Codorniu Clasico Seco) 飲んだ

たまにはスパークリングワインでも飲もう。という事で スペイン、カタルーニャのカバ、コドーニュ・

記事を読む

【ワイン】ドロスディ・ホッフ カベルネ・ソーヴィニョン飲んだ (DROSTDY-HOF CABERNET SAUVIGNON)

本日は南アフリカのワイン、ドロスディ・ホッフ(DROSTDY-HOF)。 南アフリ

記事を読む

超気軽に家呑みワインを始めるための7つのポイント

成長オタクにおすすめな飲み物 ワインは、生産国、その地域、品種、生産者、年代、見た

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑