ニュージーランドの白ワイン「kapuka」と松前漬けが美味しい。

公開日: : 家呑みワイン

スポンサーリンク  

 

ニュージーランドの白ワイン「kapuka」と松前漬けが美味しい。kapuka

ニュージーランドのワイン品種といえば「ソーヴィニヨン・ブラン」と言われてるんですよね。白です。

一時期プッシュされてたので気になってたんですが、見かけたのでこの機会に飲んでみました。

結論から言うとめっちゃおいしいです。

今回飲んだ「kapuka」は人生のベスト、ソーヴィニョン・ブランに加えてもいいくらい。

kapuka

色は透明感のある黄色。

味わいは、まず口当たりが驚くほど柔らかい。若干土っぽい、若草の香り。豊潤だけど重すぎずバランスがいい。余韻はさっぱりとして長過ぎない。

やさしく、柔らかい若草のニュアンスがニュージーランド!って感じですね。のどかな風景が浮かびます。

ソーヴィニヨンブランは酸味がキツいものがよくあるので、なかなか飲んだことのないものを買うのは躊躇するんですが、これは酸が柔らかくていい。

普通は少し時間が経つと酸っぱくなって飲めなくなるんですが、これは時間が経っても大丈夫。むしろ香りが増す感じすらあります。ポテンシャル高い。

裏を見てみましょう。

kapuka

かなり辛口という事ですが、カドがないので柔らかくて飲みやすい。

生産地はマールボロ地区(MARLBOROUGH)ということですが、タバコのマールボロとは関係ないみたいです。

ここですね。ど真ん中。

Marlborough_nz_location

– マールボロ地区 | wiki

今回はおつまみも用意してみました。北海道の名産品、松前漬け。するめと昆布の醤油漬けですね。ぽりとる(@Politru )さんからいただきました。

松前漬

海のものと白ワインは割と相性がよいのです。

実際、悪くはないですね。このワインだと重すぎないのでちょうどいい。

白ワインを日本酒代わりに和風のおつまみ。これおすすめしておきます。

松前漬+ワイン

実はニュージーランド、色々なメーカーの様々な品種を飲んだんですが、当たり外れが大きい国だな、という印象です。独特の土臭さのようなクセがあって飲みづらいものが多い。

その中でもソーヴィニョン・ブランだけが飛び抜けておいしいなと思っています。それ以外はあまり飲まないほうがいいかもしれない…

僕はソーヴィニョン・ブランには厳しいんです。なぜなら外れると特にマズイ品種だから。今回の「kapuka」は安心して誰にでもすすめられる味。大当たりです。

セブン-イレブン(ヨーカドーもあるかな?)しか売ってないみたいですね。1000円ちょっとです。トップの写真はソムリエナイフが写ってますけど、フタはスクリューキャップなので手で開きます。

実は夏前に買って、暑い時期に飲んでブログ出そうと思ったら秋になってしまいました。暑くなったら思い出してあげてください。でも、冷やし過ぎないのが美味しく飲むポイントですよ!

 
スポンサーリンク  

関連記事

【ワイン】FINCA LA ESCONDIDA MALBEC 2011(フィンカ・ラ・エスコンディダ マルベック 2011)飲んだ

最強のデイリーワインを探しに行く。こおろぎです。 今回は隠れた安旨の地、アルゼンチンの赤ワ

記事を読む

【ワイン】ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー2012 スペシャル・アッサンブラージュ (Beaujolais-Villages Nouveau)飲んだ

名前が長いよ。どうもこおろぎです。何年もボージョレ・ヌーヴォーを飲んでなかったんですけど「至上最悪の

記事を読む

真っ赤なボトルの甘口ドイツワイン RELAX Cool Red QbA 飲んだ

真っ赤なボトルの赤ワインがあったので面白いなと思って買ってみました。 ドイツ産。辛うじ

記事を読む

no image

ザ・タパス・ワイン・コレクション テンプラニーリョ 2010 (The Tapas Wine Collection) 飲んだ

弟からもらったよ!スペインの赤。テンプラニーニョ。 白いチョークで書いた感じのラベル。

記事を読む

ボトルが特徴的な、ブルガリア産のボリュームある辛口白ワイン、タルゴヴィシテ リースリング

ひねりが入っているボトルが印象的な、ブルガリアのエル・ヴィ・ケイ・ヴィンブロム社の白ワイ

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑