ナチュラルを極めたエレピ音源。ウーリッツァー『Wurly Premier』とローズピアノ『SUITCASE Premier』

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 ソフトウェア音源 , , ,

スポンサーリンク  

 

ナチュラルを極めたエレピ音源。ウーリッツァー『Wurly Premier』とローズピアノ『SUITCASE Premier』今回はPREMIER SOUND FACTORYのエレピ、ウーリッツァーの『Wurly Premier』とローズピアノ『SUITCASE Premier』について。

Kontakt / HALion3 / exs24mkII / Structure 対応のバーチャルインストゥルメントです。

ざっくり

・とってもナチュラルで太い音質
・トレモロ以外の機能はない
・ペダルを使ったときのリリース音が変な時がある

両方とも、音質は非常にナチュラルで、中低域の音がたっぷり入っています。偽物っぽさがなく「聴ける音」です。全鍵サンプリング、ループなしのおかげでしょうか。

あと、トレモロ以外の機能はありません。自分でエフェクトを挟んで音づくりをする形になります。

ペダルを使ったときのリリース音が大きく鳴りすぎることがあるので注意。

ウーリッツァーの『Wurly Premier』


Wurlitzer Spinet for Sale – 1950 / Divine in the Daily

僕はウーリッツァー(Wurlitzer)の音が好きなのですが、あまりピンとくる音源がなかったんですよね。

しかし、これはとってもよいです。完全に及第点を越えてます。

64key全鍵フルサンプリング、24bit 48khz、300MB、EQなし、Loopなし、5ベロシティ。本体スピーカーからマイク録りした音。

トレモロもモジュレーションでかけることができます。このニュアンスもよい。

音質は粒立ちがよく、太く、泥臭ささがあり、偽物っぽさがなくてすきです。強く弾いた時の歪みがもうちょっとあればなあという所ですが。

■公式デモ

値段的は¥2,352(2017年2月現在)です。完全に「買い」だと思います。質に対して安すぎる。

おまけ おすすめなウーリッツァー奏者

ウーリッツァーってそこまで有名な楽器ではないと思うので、おすすめ奏者さんをご紹介しますね。

■森俊之さん。神。

■坂詰美紗子さん。このウーリーは探すの苦労したとか。

■ダニー・ハサウェイ。オサレ。

ローズピアノ『SUITCASE Premier』

こちらはローズピアノ(Rhodes Piano )。

73key全鍵フルサンプリング、24bit 48khz、EQなし、Loopなし、16ベロシティ。Suitcaseアンプからライン録り。こちらは96kHzのサンプルもついています。

容量は96kHzが3.7GB、48kHzが1.9GBと、わりと大きい。

モジュレーションホイールのトレモロもついています。

音質は非常にナチュラル。高音域の美しさ、低域の唸り感もいい感じ。

ちょっとモコッとしているので、オケに混ぜるときは中低域をざっくりカットするとよさそう。デモは公式サイトで聴けます。

こちらはちょっと高めで、¥9,600 (2017年2月現在)です。

おまけ 他のエレピ音源

最近はちょこちょこよさげなのが出てきていて、

Wavesのウーリッツァー『Electric 200 Piano』は相当よいです。こちらは、ナチュラルを追及したWurly Premierとは逆で、作りこまれたプリセットが多くあり、積極的に音作りをするタイプ。

■Waves『Electric 200 Piano』

あとはそのローズ版と

■Waves『88 Piano』

Spectrasonicsのキーボード総合音源もよさそう。

■Spectrasonics『Keyscape』

リンク

■Wurlitzer Premier | PREMIER SOUND FACTORY

■SUITCASE Premier | PREMIER SOUND FACTORY

 
スポンサーリンク  

関連記事

柔軟な生ドラム音源『Superior Drummer 2.0』を長年使いすぎていてレビューを忘れていた

僕の曲に使用されているドラムキット音源の9割以上は『Superior Drummer 2.0

記事を読む

【シンセサイザー編】NI KOMPLETE 9 ULTIMATE 全部レビュー

Native Instruments KOMPLETE 9 ULTIMATE 全部レビュー 【

記事を読む

Komplete 10 Ultimate K9Uからの差分レビュー。「ACTION STRIKES」「CUBA」など。

今回はNative Instruments「Komplete 9 Ultimate」から「K

記事を読む

【ソフト音源】ProjectSAM ORCHSTRAL BRASS CLASSIC のレビューと全音色解説やるよ その2【デモあり】

その1からの続きです。今回はバストロンボーン、テナートロンボーン、トロンボーンセクション、チューバ、

記事を読む

DTMerが今年買って微妙だったものを書いていく 【音楽編 】 【 2016 】

今回は、2016年に買ったけどあまり使わなかったり、全く使わなかったりと、 パフォーマンスが

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑