この夏はこじらせたい!混沌(カオス)から這い寄る闇の力を感じる和音(コードネーム)大集合☆

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 DTM, テクニック

スポンサーリンク  

 

この夏はこじらせたい!混沌(カオス)から這い寄る闇の力を感じる和音(コードネーム)大集合☆ 
kojirasetai1

タイトルではしゃぎすぎてしまいました。

今回は、混沌(カオス)から這い寄る闇の力を感じる…厨ニ感溢れる和音を集めてみました。この夏は選ばれし能力(ちから)を持つものが陥る特有の和音(コード)をぜひ使ってみてください。

実際に聴けるようにYoutubeを貼り付けましたが、音量の差がでかいので注意してください。

†トリスタン和音†

初めて聴いた人はこう言った「なん…だと…」

torisutan

「1世紀半にわたる慣用的な和声法から脱却し、近代和声の扉を開いた」と言われる和音。キリシタンではない。

それまでも使われてた半減7の和音(◯7♭5)と同じ構成音なんだけど、曲の冒頭で鳴らした事が斬新だった。

それではこの和音が使用された、ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」を聴いてみましょう。単音のメロディで導入後、はじめて鳴る和音がトリスタン和音です。

「半減7の和音」もかっこいいな…

†空虚5度†

ラスボスがこの技を使ってきたら全滅します

BlackHole

ルート音と5度の和音のみで構成された和音。ギターではパワーコードともいいます。

古典の和声では3度を入れない和音は間の抜けた響きに聴こえるため禁忌され、こんなネガティブな名前で呼ばれます。

空虚5度2つを組み合わせている、ストラヴィンスキー「春の祭典」から「春の輪舞」。ストリングスが入る所からです。

†神秘和音†

こんな和音(コード)本当に存在(あ)ったのか・・・

forest

独特の響きがもたらされ、文字通り神秘的な雰囲気をかもし出す。

アレクサンドル・スクリャービンによって初めて用いられた。4度音程を6個重ねた和音。

すいませんこれ詳しくないんで場所わかんないんです…場所は探してください…この曲好きです。

†フォース・インターバル・ビルド(4th interval build)†

名前が長い…カタカナ…かっこいい…

4th

この和音、海っぽい響きがするんですよね。深くて青い。そのせいか海に関係する曲によく使われてます。ドビュッシーの「海」とか。

厳密に言うとコードネームじゃなくて4度+4度+4度っていう積み方の事です。実は神秘和音とカブってるんですけどね。

4度+4度+4度で積むのがキモで、回転させるとこの響きが出ないんですよね。面白い。

これも海の曲、ハービー・ハンコック「処女航海」の冒頭。

†悪魔の音程(トライトーン)†

失われた古代の概念(いし)

devil

「音楽の悪魔」とも言われ、古典では好まれない。この写真ジワジワくる。

これも和音ではなく、3つの全音で作られる響きの事。減5度のみを指したり、三全音とも言われる。

現代では◯7の中など、当たり前のように使われる。「音楽の悪魔」とはなんだったのか。

普通すぎて曲を紹介できない…

†裏コード†

ちっ…またあいつらか…いや…こっちの話だ…

ura

はじめて名前を見た人はさぞかし邪悪な和音だと思ったはず。

和音自体の名前じゃなくて機能ですね。実際は◯7か◯M7。ジャズでよく使われます。

ドミナントの代理和音。サークルオブフィフス(5度圏)の裏側に当たる、トニックの半音上のコード。

aiko「初恋」の「る~のに」っていうところ。

なぜかここでaiko

†ドッペルドミナント†

今の俺は本当の俺じゃないんだ…

doppel700

バロック時代から脈々と使用されている。和音そのものではなく機能の名前。

ドミナントのドミナント。「セカンダリードミナント」「ダブルドミナント」ともいう。

ジャズでは、オルタード・スケール等のテンションノートが使いやすいため特に多用される。

曲はジャズ・スタンダードの「Autumn Leaves」Bill Evans Trioの演奏。どっかで使ってあります。

†トーン・クラスター†

いともたやすく行われるえげつない音響

ruins

特定の音名からまた違う音名までを塗りつぶす。

今までで最も破壊的な和音。というかもはや和音なのか疑問。ドジャアアアンって感じですね。

カウエル「マヌナーンの潮流」

緊急地震速報の和音(おまけ)

earthqu

もう恐怖しかない。こじらせた名前とかどうでもいいんでここで紹介したい。

ジミヘンコードと言われる、◯7♯9の和音。ギターで弾くとかっこいい。

ベルっぽい音色でアルペジオさせると危険です。音も貼りません…

ジミ・ヘンドリックス「Purple Haze」。音でかいので注意。

その他のこじらせた音楽用語

trilogy

†無限旋律†

「終わりのないのが『終わり』」

完全な終止を迎えずに先へと流れていく旋律。リヒャルト・ワーグナーの楽劇はそれまでの交響曲作品での「主調」という観念を破壊し、それまでに実現されたすべてのものを、はるかに超える所まで運んでいった。

†隠伏8度†

平行によって完全8度に到達する和声進行。避けるべきとされる。

†テンション・リゾルヴ†

テンション・ノートがコード・トーンに解決すること。

†ヴァース・アンセム†

イギリスの宗教的合唱曲の一種。「ヴァース」と呼ばれる独唱パートと合唱パートが交互に歌われ、オルガンなどの楽器が伴奏につく。

†フェーズディストーション・シンセサイズ†

シンセサイザーで使われている合成方法。

†華麗対位法†

厳格対位法の一部。

おわりに

くっ!?…封印されし第三の眼が疼いて来やがった…ここまでにしておいてやる…

参考書籍

 
スポンサーリンク  

関連記事

バラードのリバーブを埋もれずに深く付ける方法をプロのエンジニアさんに聞きました。

バラードのリバーブって、かけ過ぎちゃうとお風呂みたいになるし、少ないと物足りないし、難し

記事を読む

和楽器、箏(琴)の生っぽい打ち込み方法まとめ。ハープ+ギターのように考えてみる。

打ち込み難易度 ☆☆☆ やや難しい 音色の素材としての効果が高いので、適当に鳴らし

記事を読む

全力でDTMのレッスンをしてみました。4つ打ちポップの場合。

編曲のレッスンをして欲しいとご依頼がありましたので、お請けすることにしました。 例

記事を読む

VRゲームの音楽が達成すべきミッションとは。制作で実際にやったこと。

株式会社ハシラス様(@hashilus )からのご依頼で、 飲食を楽しみながらVR/A

記事を読む

【DTM】歌もの(ボカロ曲)ストリングスアレンジの打ち込みが簡単に上手になる11のコツ

ここ数年ストリングスアレンジに力を入れてきたこおろぎさんですが、知識をひけらかすためにストリング

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑