音楽制作にも音響効果にも。音を3Dに配置できるプラグイン『Panorama 5』 レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/05/01 プラグイン

スポンサーリンク  

 

音楽制作にも音響効果にも。音を3Dに配置できるプラグイン『Panorama 5』 レビューシンプル

音を3Dに配置できるプラグイン、Waves Artsの『Panorama 5』 を購入してみました。

ざっくりレビュー

・2chのステレオ出力で3D感を出せる
・遠い音にしたい時にもおすすめ
・リバーブは別の物を使っても面白い

音楽制作よりも、映像の音響効果でよく使いそうなエフェクト。ボイスドラマに使っても面白そうです。

ステレオ出力でも3D感を出せる

2chだけのステレオ出力でも後ろや上下に音を配置できます。公式のデモはちょっと分かりにくいので、シンプルなものを作ってみました。

声はさとうささらです。ささらかわいいよささら。耳元はバイパスにしてパンを振った方が距離が近かったです。

ぱっと見色々とパラメーターがあるんですけど、基本は中央左のX、Y、Z、3つのパラメータで左右、前後、上下の操作をします。右のほうはリバーブ。左下のほうは謎です。
panorama5基本
デモのオートメーションはこんな感じ。
panorama5オートメーション

音を遠くしたい時にもおすすめ

音の距離感を変えられるので、サンプリングや、ソフト音源で音像が近すぎる場合にこれをかけるといい感じです。

オーケストラ系の曲に他の楽器を混ぜる時に重宝しそうですね。この曲のパーカッションに使ってみました。リバーブはIRです。

位相が変な感じもしなくもないので使い方に気をつけたいところ。

リバーブは別の物を使っても面白い

リバーブはおまけのような感じなので、上のデモのように、IRリバーブと組み合わせるとナチュラルに仕上がります。生楽器系は自然に鳴らせそうです。

Panorama5付属リバーブのほうがわかりやすく、くっきりしているので立体的に配置するのにはいいかもしれないですが、個人的にちょっと苦手な質感です。

おわりに

という感じで、特殊な効果以外でも使えるプラグインエフェクトです。

公式デモも面白い。ヘリコプターなど。ドップラー効果もシミュレート出来るので、乗り物のSEにもよさそうです。
Wave Arts – Panorama 5 | Media Integration, Inc.

 
スポンサーリンク  

関連記事

老舗プラグインメーカー『Waves』がなぜセールばかりなのか教えます

最近、『Waves』の安売りがすごいですね。 『Waves』はオーディオ用プラグイン・

記事を読む

【プラグイン】 マスタリング用コンプ/マキシマイザー Slate Digital FG-X が最高すぎるのでレビュー【聴き比べあり】

今年一番感動した買い物だと言い切れるプラグイン、Slate Digital FG-X を紹介したいと

記事を読む

DTMerが今年買って微妙だったものを書いていく 【音楽編 】 【 2016 】

今回は、2016年に買ったけどあまり使わなかったり、全く使わなかったりと、 パフォーマンスが

記事を読む

【プラグイン】Nomad Factory Magnetic llとBlue Tubes Bundle V3 レビュー

Nomad FactoryのMAGNETIC llとBlue Tubes Bundle V3がセール

記事を読む

理想的なモニター環境を構築してくれるプラグイン『Reference 3 Speaker Plugin』のレビュー

今回はSonarworks(ソナーワークス)のキャリブレーションプラグイン『Refere

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑