音楽制作にも音響効果にも。音を3Dに配置できるプラグイン『Panorama 5』 レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/05/01 プラグイン

スポンサーリンク  

 

音楽制作にも音響効果にも。音を3Dに配置できるプラグイン『Panorama 5』 レビューシンプル

音を3Dに配置できるプラグイン、Waves Artsの『Panorama 5』 を購入してみました。

ざっくりレビュー

・2chのステレオ出力で3D感を出せる
・遠い音にしたい時にもおすすめ
・リバーブは別の物を使っても面白い

音楽制作よりも、映像の音響効果でよく使いそうなエフェクト。ボイスドラマに使っても面白そうです。

ステレオ出力でも3D感を出せる

2chだけのステレオ出力でも後ろや上下に音を配置できます。公式のデモはちょっと分かりにくいので、シンプルなものを作ってみました。

声はさとうささらです。ささらかわいいよささら。耳元はバイパスにしてパンを振った方が距離が近かったです。

ぱっと見色々とパラメーターがあるんですけど、基本は中央左のX、Y、Z、3つのパラメータで左右、前後、上下の操作をします。右のほうはリバーブ。左下のほうは謎です。
panorama5基本
デモのオートメーションはこんな感じ。
panorama5オートメーション

音を遠くしたい時にもおすすめ

音の距離感を変えられるので、サンプリングや、ソフト音源で音像が近すぎる場合にこれをかけるといい感じです。

オーケストラ系の曲に他の楽器を混ぜる時に重宝しそうですね。この曲のパーカッションに使ってみました。リバーブはIRです。

位相が変な感じもしなくもないので使い方に気をつけたいところ。

リバーブは別の物を使っても面白い

リバーブはおまけのような感じなので、上のデモのように、IRリバーブと組み合わせるとナチュラルに仕上がります。生楽器系は自然に鳴らせそうです。

Panorama5付属リバーブのほうがわかりやすく、くっきりしているので立体的に配置するのにはいいかもしれないですが、個人的にちょっと苦手な質感です。

おわりに

という感じで、特殊な効果以外でも使えるプラグインエフェクトです。

公式デモも面白い。ヘリコプターなど。ドップラー効果もシミュレート出来るので、乗り物のSEにもよさそうです。
Wave Arts – Panorama 5 | Media Integration, Inc.

 
スポンサーリンク  

関連記事

2015年9月の収益報告 収入13.9万円 半年平均25.4万円 ブログ8.9万PV スプラトゥーン関連のお仕事を頂きました。

gif画像の一部だけが動く「シネマグラフ」に挑戦しましたが無理でした。ただのgifです。

記事を読む

理想的なモニター環境を構築してくれるヘッドフォン用プラグイン『Reference 3 Headphone Plugin』レビュー

Sonarworks(ソナーワークス)のキャリブレーションプラグイン『Reference 3

記事を読む

Studio One2.6 新付属プラグイン「Fat Channel」がなかなかよさげなのでレビュー

Studio One 2.6 で追加されたプラグイン「Fat Channel」ですが、なかな

記事を読む

メロダインの和音解析機能で耳コピが捗るのか試してみた

ボーカル、楽器のピッチ修正でおなじみのプラグイン・エフェクト、Celemonyの『Melod

記事を読む

まるで小さなL3。マルチバンドコンプ+マキシマイザーのWaves OneKnob Louder は簡単に音圧が上げられるし軽い

1つのノブだけで操作するプラグインエフェクトシリーズ、Waves OneKnob Serie

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑