【本】おうち飲みワイン100本勝負 読んだ

公開日: : 家呑みワイン

スポンサーリンク  

 

【本】おうち飲みワイン100本勝負 読んだおうち飲みワイン100本勝負 (朝日新書)

著者はワインに年200万円以上使うという、ワイン・ジャーナリスト山本昭彦さん。

”初心者をターゲットに据えた。週末におうち飲みしたいけど、スーパーの商品は物足りない。お勉強は面倒くさいけど、おいしいワインを知りたい。そんな人に、個性があって、お買い得なおうち飲みワインを紹介したい”

という事で1000円以上3000円以内の旨安ワインが写真と説明付きで100本載ってます。広告も入ってないので、本当に自分で納得したものだけしか載せてないという事。

他にもロバートパーカーの話、料理との合わせ方、グラスの種類など、色々な話も書かれててかなりのボリューム。まあワイン好きは語りたがりですからね…w

目次

著者のことばと一緒に。

第1章 平日の夜を癒すワイン
翌日があるからゆっくり飲めない。でも気分転換はしたい。多くても1人でハーフボトル程度。和み系の白ワインが多い。

第2章 週末を彩るワイン
遠慮はいらない。ちょっと高くても、日付が変わるまで楽しみたいような奥の深い銘柄。

第3章 アウトドアではじけるワイン
チアリーダーのような華のあるボトル。

第4章 勝負を賭けるワイン
プロポーズや誕生日など重大な瞬間を想定。

第5章 大切な人へ贈るワイン
ギフトにするワイン。告白、送別会、仕事のお礼…デパートの詰め合わせではなく、ワイン選びのセンスで気持ちとメッセージを伝えよう。

 

著者の山本さんはワインの9割をネットで買うそうです。この本に載っているワインも全てネットで手に入るとのこと。

ネットの方がワインに関する情報も多いし、重いワインを持ち運ぶ手間もないし、実物を見ても中身がわかるわけではないし、スーパーなどは保管状態も悪いので、ワインを買うならネットのほうがよさそうですね。

 

この本に載っているものは2000円前後が多いのですが、僕は普段1000円前後のワインしか飲まないので、ちょっといいものを飲みたいなと思った時に活用したいと思います。この価格帯だと翌日以降も美味しく飲めるので、実はお得かもしれないと自分に言い聞かせたい。

 

ワインについてのコメントが素敵で、さすがワイン・ジャーナリストですね。表現の勉強になりました。パクろう。

今Kindle storeでほぼ半額の400円です。ほくほく。

 
スポンサーリンク  

関連記事

no image

ザ・タパス・ワイン・コレクション テンプラニーリョ 2010 (The Tapas Wine Collection) 飲んだ

弟からもらったよ!スペインの赤。テンプラニーニョ。 白いチョークで書いた感じのラベル。

記事を読む

【スパークリングワイン】ラフェリ・キュヴェ・ブリュットのコスパがヤバい

今期最高のコストパフォーマンスのスパークリングワイン見つけちゃいました。 ラフェリ・キ

記事を読む

【ワイン】ツェラー・シュワルツ・カッツ・ゼクト (Gustav Adolf Schmitt Zeller Schwarze Katz Sekt b.A. )【再掲】

グスタフ・アドルフ・シュミット ツェラー・シュワルツ・カッツ ゼクト・トロッケン(Gustav Ad

記事を読む

「記憶に残る素晴らしい出来栄え」ボジョレー・ヌーボー2015年のレビュー

ボジョレー・ヌーボー 2015 飲みました。 セブンイレブンの シャルル・ドラピ

記事を読む

夏におすすめの冷やしておいしいワインを書いていく。初心者向け。

「夏におすすめの、冷やしておいしいワインを教えてほしい」と言われたので書いてみます。

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑