実機以上の使い勝手。オルガン音源 Native Instruments Vintage Organs レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/04/16 ソフトウェア音源 , ,

スポンサーリンク  

 

実機以上の使い勝手。オルガン音源 Native Instruments Vintage Organs レビューCX-3を売っちゃったんで代わりになるオルガンとしてNative InstrumentsのVintage OrgansをKOMPLETE8ごと買ったんですけど、予想以上に使える子でお父さんうれしいよ(感涙)
Vintageorgan写真1-3

機能など

Kontaktなめてましたすいませんでした。これサンプル並べて鳴らすだけなのかなーと思ってたら、ドローバーやレスリーもちゃんと使えて、実機と同じ方法で音作りできる。ヤバい。
ドローバー_4

しかもアンプとかリバーブとかレスリーのスピードとかすぐエディットできるんでむしろ実機より便利。見た目もいい感じ。
オルガン裏

僕は曲中でドローバーのセッティング変えたり、 A・Bメロでレスリーを遅く、Bメロ後半にONにして段々回転速度上がっていってfastでサビを弾く技をよく使うのですごく助かります。

あとプリセットが多く無さ過ぎるのがいいです。多いと逆に探すの大変なんですよね。曲名がプリセットネームになってるものもちらほらありますね。「Child in Time」みたいな・・・・w

収録されているオルガン

・Hammond® B-3
・C-3
・M-3モデル
・Vox Continental™ II
・Farfisa® Compact

ハモンドB-3は基本として、VoxのアレとかFarfisaのアレとか入ってる!オフィシャルな音源なのかな!買ってから気づいた!そしてソフト上で出てくる写真無駄に凝ってるなこれw

Vox Continental™ II ドアーズなどが使ってたやつですね。
Vox Continental™ II_2

Farfisa® Compact ピンク・フロイドが使ってたとか使ってないとか。
Farfisa® Compact-2_3

こういうヴィンテージなコンボ・オルガンの音源ってなかなかないんですよね。ポップな曲調にも合うんでこれから使い倒そう。

若干薄い感じはありますが許容範囲ですね。透明感があるともいう。コンボ・オルガンのほうは実機より音がいいんじゃないかと思うくらいしっかりした音です。

といわけでオルガン使ってこんな曲作りました。

 

うん、DTMerなら実機よりこっち買った方が絶対いいと言えるレベルです。

 

このVintage OrgansはKOMPLETE 8に入ってます。単独だとNative Instrumentsのサイトにて¥9,800です。

すごく重いNative Instruments日本語サイトはこちら。

POWERED BY KONTAKT : VINTAGE ORGANS | NATIVE INSTRUMENTS : PRODUCER

あとローランドの「ミュージック・アトリエ」という謎の楽器のサイトでオルガンのセッティングを分かりやすく説明してあるページ見つけちゃいました!なにこれ!

第1回 オルガンらしい演奏のためには~オルガン音色~ :: ミュージック・アトリエ 弾きこなし講座 :: ローランド・オルガン ミュージック・アトリエ :: ローランド

ヴィンテージのコンボオルガンって眺めてるだけでもいいですね。こういうサイトも見つけました。

retro designed music store organ69

 
スポンサーリンク  

関連記事

UTAUのエディターで「0 で除算しました」というメッセージが出るときの解決方法

今回は備忘録。 Studio Oneのメニューで個別に書き出したMidiデータをUTA

記事を読む

キースイッチなし!シンプルな操作性で元気な曲に最適な金管音源『Caspian』レビュー

今回はPerformance Samplesのオーケストラ系金管音源『Caspian』の

記事を読む

ドライで元気な、ポップ・ジャズ系ホーンセクション音源『Chris Hein Horns Pro Complete』レビュー

今回はホーンセクション音源『Chris Hein Horns Pro Complete』(ク

記事を読む

DTMerでもコードを弾いてる感じが出せるギター音源 Strum Electric GS-1 レビュー【デモあり】

フィジカル・モデリング方式のギター音源AAS Strum Electric GS-1を買いました。

記事を読む

音作りの幅が広いタックピアノ、ホンキートンク音源『The Tack』のレビュー

タックピアノ音源『The Tack』をちょっと前に買いました。 タックピアノとは、ホン

記事を読む

Comment

  1. akira より:

    こんにちは。このソフト良いですね。
    ところで、このソフトはエクスプレッションペダルにボリュームをアサイン出来ないのが難点と思っているのですが、何かしらの方法でクリアしていらっしゃいますか?
    私、MIDIの知識が乏しいもので、いかがでしょうか?

    • kohrogi より:

      >akiraさん
      僕は現在エクスプレッションペダルを使ってないのでちょっとわからないかもですが、

      パラメーター自体はCC11のエクスプレッションも効きますので、ボリュームにアサインせずにエクスプレッションのほうにそのまま入力すればいいかと思います。

      僕がペダルを使う時はPODxt Liveのボリュームペダルから入力してCC7のボリュームを書き込む形です。その時のマスターボリュームはKontakt本体のボリュームかエクスプレッションをいじることになりそうです。

      • akira より:

        御回答ありがとうございます。
        やはりペダルについてはソフト側の設定でなく、コントロール側の設定なのですね。
        このソフトはピッチベンドやサスティーンペダルに機能をアサインする画面がありましたが、そこでエクスプレッションペダルが設定できないので、難しいのかなと思った次第です。
        参考になりました。ありがとうございます。


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑