はじめてでも安心!クリスマスのシャンパンを買う時におすすめのたった1つの選び方

公開日: : 最終更新日:2015/11/28 家呑みワイン

スポンサーリンク  

 

はじめてでも安心!クリスマスのシャンパンを買う時におすすめのたった1つの選び方あずにゃん
クリスマスは梓と二人で過ごす予定です。こおろぎです。

クリスマスくらいはシャンパン(注※スパークリングワイン)を飲もうじゃありませんか。といっても普段飲んでないのにいきなりじゃ選び方が分からないですよね。

「BRUT」を選ぶ

早速ですがこれだけ。ワインのラベルを正面から見て、中央付近にこの「BRUT」(ブリュット)という文字がある物を選ぶ。

Freixent CORDON NEGRO
この写真だと首の所になってますけど。

「BRUT」というのは「辛口」という意味です。そして白、ロゼのシャンパン(スパークリングワイン)にしかこの表記はありませんので、発泡してないワインと間違わないし赤のスパークリングとも間違わない。

値段は750mlで1500円以上のものがよいですね。ちょっとコクがあって重い料理にも耐えられるような感じの。

なぜ辛口シャンパンなのか

赤や白のワインって食前、食中、デザートと料理に合うように種類や味わいを変えるんですよね。そういうのってお金かかるし知識いるしハードル高いじゃないすか。

シャンパンはどんな料理にも大体合うので、1本ですべての食事を通して飲むのがシンプルで分かりやすいし美味しいしオサレなのでおすすめなのです。

ちなみに甘口はケーキの時に。甘口がいいって人は「Asti」って表記されてるものがおすすめです。

おすすめ

なるべく売ってそうな物を貼りますよ。

シャンパンファイトにも使われるというシャンパン中のシャンパン。特別な日はこれくらい飲みたい(希望)

神の雫登場ワイン。泡も細かく、ナッツ、トースト系の後味が高級感を感じる。信じられない安さ。

まるでド○ペリのような見た目ですけど味もなかなかよいです。気分を味わいたい人に。

ちょっと特別感はないですけど、味はすばらしいです。しっかりとしたコクとバランスのよさでどんな料理とも合いそう。ロゼもあるんで女子力出したい人はそっちもいいかも。

あとグラスも雰囲気作りに大事

 

どうでしたか?「シャンパン!飲まずにはいられないっ!」ってなりましたよね?ね?今年のクリスマスはシャンパンデビューしましょう!(仲間を増やしたい)

 

注※シャンパンとはフランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインの事なので、シャンパーニュ地方以外の発泡性ワインはスパークリングワインと呼ぶのが正しい。このブログでは説明のしやすさのために多少ごっちゃにしてある。なお、この蘊蓄を披露してもモテない。

関連記事

トップクラスの知名度を誇る定番シャンパン「モエ・エ・シャンドン」がおいしいし絵になりすぎたのでおすすめ

 
スポンサーリンク  

関連記事

オサレなボトルの赤ワイン Alexandre SIRECH Le Bordeaux 飲んだ

この前DOVA-SYNDROMEの広告記事を書いたお礼に管理人の稿屋さんからワインをいただきました!

記事を読む

ブルゴーニュ・ルージュ ルイ・ジャド 2008 飲んだ

ブルゴーニュ・ルージュ ルイ・ジャド2008( BOURGOGNE Rouge Louis Jado

記事を読む

庶民のパーティーを辛口スパークリングワインで乗り切ってみよう

日本の家庭にワインをとけ込ませたい、こおろぎです。 今回登場するスパークリングワインというのは

記事を読む

【本】おうち飲みワイン100本勝負 読んだ

著者はワインに年200万円以上使うという、ワイン・ジャーナリスト山本昭彦さん。 ”初心

記事を読む

華やかな香りの赤。ル・グラン・ノワール ピノ・ノワール (Le Grand Noir Pinot Noir)飲んだ

人からもらったワインの事は書かないほうがいいかなと思ったんですけど、meymeyさんから頂いたワイン

記事を読む

Message


  • フリーランスの作・編曲家。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、歌モノの編曲をしたり、ワインを飲んだりスプラトゥーンで遊んだりしてます。ファンタジーな音楽が好き。→詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑