細かいフレージングが得意!物理モデリングのバイオリン音源『SWAM Violin』のレビュー

公開日: : 最終更新日:2018/03/31 ソフトウェア音源

スポンサーリンク  

 

細かいフレージングが得意!物理モデリングのバイオリン音源『SWAM Violin』のレビュー

今回は物理モデリングのバイオリン音源、 Audio Modeling『SWAM Violin』のレビュー。
AU、VST、AAX Nativeで動き、Kontaktなどは不要です。

ざっくり 評価☆☆☆☆

・色々な意味でリアル
・聴けるように鳴らすまでに手間がかかる
・スタッカート、スピッカート、マルカート等が1つのプログラムで演奏できるので、キースイッチの切り替えが少ない
・パラメーターが多い
・特殊奏法ができる
・CPUへの負荷が高い
・容量10MB
・速い曲におすすめ
・オーソライズが若干めんどくさい

かなり細かい表情までつけられてリアルなんですが、その反面、きちんと表情をつけないと棒になってしまい、そのまま鳴らしても聴ける音にならない音源です。

本物のバイオリンを演奏するように打ち込むような感覚ですね。

デモ。

この方が使っているようなコントローラーがあると便利そう。

フレーズが歌うような、遅い曲調だと打ち込みが大変なので、そこまで表情をつける必要がない速い曲のほうが使い勝手がよさそうです。

駆け上がりやスタッカート、スピッカート、細かいフレーズも自在ですし。

毎回微妙に違う音が生成されるので、オスティナートにもいいかもしれません。

こういう細かくてフニャフニャした弾き方も得意ですね。

パラメーターが多い

ビブラートの細かさ、弓の圧力、弓の位置、ボウイングなど、かなり多くの項目を設定したり、オートメーションすることができます。

サンプリング音源だとビブラートの速さが変えられずに、遅い曲でも早いビブラートになってたりしたのですが、これだと曲のスピードに合わせることができる。

柔らかくしたい時はすこし指板側で演奏させる、ということもできます。

ピチカートやコル・レーニョにビブラートをかけたりトレモロさせたりといった、普通の音源では収録されないであろう特殊奏法も可能です。

トリルも自分で実際に打ち込まないといけないのは若干つらい。

CPUへの負荷が高い

うちの環境で30%前後。

FG-Xと比べるとこんな感じ。

手間も考えると、モデリング系音源は1曲に1つだけ入れる、というのが現実的な運用ですね。

その代わりといってはなんですが、容量は10MBほどで、相当少ないです。

生バイオリンをトレースしてみた

松本一策さん(@issaku_m )に弾いていただいた生バイオリンをトレースしてみました。

■生バイオリン

■The Violin


  
マイク違いかな、みたいな音質ですね。

なかなか近いニュアンスにできたと思います。アタックの感じはもうちょっと追い込めば近くなりそうです。

ただ、打ち込みにめちゃくちゃ時間がかかる。

ビブラートとエクスプレッションのオートメーションはこんな感じ。

このように、各音ごとにアタックとリリースを丁寧に処理しないと、表情が棒になります。

おわりに

MODOBASS以外のモデリング音源にはじめて手を出してしまったんですが、リアルだけど打ち込みに時間がかかるという特性を理解しました。

バイオリンよりも、ちょっとだけソロで使うチェロのほうが効果的で使用頻度が高そうなので、機会があったら入手したい。ピッコロもキレがよさそうで地味に気になっています。

あと、オーソライズが複雑で若干めんどくさいです。

■SWAM Violin | Audio Modeling

 
スポンサーリンク  

関連記事

130万円相当の音源を月額約3000円で使い放題なサービス『ComposerCloud』がお得すぎるので試してみた

East Westの『ComposerCloud』は、 月額約3000円で、53の製品に含ま

記事を読む

音も機能も最高峰の津軽三味線音源『TSUGARU SHAMISEN』レビュー

津軽三味線演奏家山中 信人氏の津軽三味線をサンプリングしたKontakt用音源 SONIC

記事を読む

使えるブラジルパーカッション音源「Samba Drums」レビュー

今回はKontakt用ブラジルパーカッション音源「Samba Drums」のレビューです。

記事を読む

作曲家のための自動作曲ソフト『ORB COMPOSER Pro』レビュー

2018年4月2日に発売された、作曲家のための自動作曲ソフトHexachordsの『ORB

記事を読む

【ソフト音源】ProjectSAM ORCHSTRAL BRASS CLASSIC のレビューと全音色解説やるよ その2【デモあり】

その1からの続きです。今回はバストロンボーン、テナートロンボーン、トロンボーンセクション、チューバ、

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑