ゲームに音楽を効果的に使うための、時間の長さの設計について

スポンサーリンク  

 

ゲームに音楽を効果的に使うための、時間の長さの設計について

今回は、ゲームに音楽を効果的に使うための、時間の長さについて考えてみます。

曲の長さはざっくりこの3つに分けられます。

・ジングル
・短い曲
・長い曲

場面や状況、役割によって必要な時間の長さが変わってきます。

ジングルは「状況を知らせる」 | 〜15秒

ジングル(スティンガー)が効果的なのは「状況を知らせる」場面

・敵に勝利したとき
・敗北したとき
・謎が解けたとき 等

ごく短い曲は、長めの効果音的な役割になってきます。なので、インパクトの強い、複雑でないものがよい。

勝利シングルや謎が解けたときは、単純に気持ちいいサウンドにすることによって、プレイヤーの報酬としても機能します。

短い曲は「静」の場面に | 30秒〜1分

短い曲が効果的なのは「静」の場面

・状況が動かないとき
・物理的に移動しないとき
・感情の変化がないとき 等

例 : メニュー、設定画面、無機質な場所など。

音楽的な展開が必要ないとき、とも言えます。

また、実際に短い時間しか滞在しないであろうという場面にも。

短い曲は、何度もループして聴かせられると、プレイヤーに時間経過と飽きを感じさせてしまいます。

そうならないため、聴かせるようなメロディやはっきりとした展開、密度がありすぎるサウンドを避けます。

曲の時間が短くなるほどこの傾向を強くしなければいけません。

変化しないリフをひたすら繰り返す、というのも有効ですね。

長い曲は「動」の場面に | 1分〜


長い曲が効果的なのは「動」の場面

・状況が動くとき
・物理的に動くとき
・感情が動くとき
・メインテーマ、エンディング等、ゲームのテーマとなるメロディをしっかり聴かせたい時 等

例 : 広いフィールドを移動する時、駆け引きがおこる戦闘シーン

長い曲になると変化や緩急をつけることが可能になるので、景色や気分が移り変わる、状況が変化する、ということを表現できます。また、メロディを聴かせることにより、感情を乗せていく、ということができます。

通常、1分半~2分くらいが多く、実際、一通り展開を盛り込むには十分な長さです。

フィールドに関しては、曲が長いほうが広いイメージになりますね。実際、移動にも時間がかかりますし。

バトルも、通常の敵よりボスのほうが倒すのに時間がかかるので、より長いほうが「終わりが見えない」ような感覚にもなり、効果的です。

長い曲は、曲自体を長く聴くことになるので、緩急が大事です。激しい場面でも、ずっと詰め込んだ音が流れていると聴き疲れしてしまいます。

長い時間遊んでもらいたい、という時にも長い音楽で気持ちを乗せていく、ということができます。

最近のゲームになるほど1曲が長くなっている気もします。

不必要な長さにしない

曲の長さを考える時は、不必要な長さにしない、というのがポイントになります。

それにより、容量や予算、制作時間等も正しく抑えることができます。

場面的に展開が不必要なのに曲の時間がむやみに長い。などというのは避けるべきですね。

逆に、短い時間で「動」を表現するのも難しいのですが。

おしまい

なんとなく、習慣で長さを決めている方もいるんじゃないかな、と思って書いてみました。

ゲーム音楽の設計については「ゲームサウンド制作ガイド」が一番参考になります。

 
スポンサーリンク  

関連記事

LINEのスマートスピーカー『WAVE』のサウンドデザインがよくないので作り直してみた

先日、LINEのClova搭載スマートスピーカー『WAVE』の先行体験版のレビューを書きまし

記事を読む

ビッグバンドの作曲、編曲、打ち込みができるようになりたい【第四回】実際に曲を作ってみる

「ビッグバンドの作曲、編曲、打ち込みができるようになりたい」 【第一回】ざっくりと全体

記事を読む

ポップな曲のブラス打ち込みのコツ【イントロ編】 feat.残響Pさん

まとめから。 ポップな曲のブラス打ち込み【イントロ】のコツざっくり ・パートは基

記事を読む

素朴な音がするアメリカの弦楽器『バンジョー』打ち込み方法まとめ

今回は素朴な音色のするアメリカの弦楽器、バンジョーの打ち込みについて。 打ち込

記事を読む

口笛を生っぽく打ち込むための方法まとめ

今回は生っぽい口笛の打ち込み方法について。 最近はCMでよく使われている印象があります

記事を読む


  • フリーランスの作・編曲家。ブロガー。ドラマ、舞台、CM、Youtube、VRなどの映像やゲーム、アプリの音楽を作ったり、スプラトゥーンで遊んだり。わりと素直な音楽を作っています。noteも書いてます。→もっと詳しく

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑